Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第97回道下知美さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月29日

埼玉農業女子(第97回道下知美さん(伊奈町))

薬膳ジャム「漢ジャム【ブルーベリー】」の販売に向けて

薬剤師から農家になって、ジャム加工を始めました 

 

道下さん

10年前、建築士の夫とともに農業に興味を持ち、4年前から夫がJAあだち野明日の農業担い手塾で研修し、平成29年に就農しました。

技術習得や直売開始にあたっては、地域の方々にいろいろ手助けしていただき、ようやく、3人の子供をのびのび育てながら農業で生計を立てる夢が実現可能に思えてきました。

現在はブルーベリー80aとネギなどの露地野菜30aを栽培しています。昨年、私が中心となり、ジャム加工に取り組み始めました。当初はなかなか満足のいく品質のものができませんでした。そこで、研修に参加することなどで加工技術を高め、2月7日に開催された埼玉県6次産業化PR会で試作品を出品することができました。農商工連携フェアにて

(左から、夫の肇郁(としふみ)さん、伊奈町町長さん、知美さんご本人)

以前から漢方に興味があり、地元の日本薬科大学の先生方に相談したところ、レシピに漢方の知恵を取り入れることができました。特色あるジャムに仕上がったと思っています。ジュースは委託製造でおいしいものができました。ジャムもジュースも販売に向けて現在準備中で、販路開拓のために法人化も検討しています。

今後は、漢方の知恵を取り入れたジャムをシリーズ化したいと思っています。また、夫とともにブルーベリーを拡大して、健康志向の方々においしくて体に良いものを届けられるよう頑張っていきたいです。

97_2ポスター

地域の方々に感謝しながら、子供をのびのび育て、楽しく農業をしていきたいと思っています。

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?