Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第94回貫井香織さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月1日

埼玉農業女子(第94回貫井香織さん(入間市))

世界の食マーケットに挑戦!

レストランイベントや海外での販売フェアを企画・運営し、育てるところから食べるところまで手掛けています。 

  

私が経営参画する「お茶としいたけの貫井園」は、狭山茶の主産地の入間市で、お茶と原木しいたけを生産・販売しています。

 

三姉妹の長女として育ち、大学卒業後、コンサルティング会社とPR会社を経て、30歳直前に実家である貫井園に就農しました。

東京での企業勤めも刺激的な毎日でしたが、コンサルタントとして外部から顧客の成長支援をすることよりも、自身で事業を手掛けていくことに関心をもつようになり、農産物を生産し販売していく家業に改めて興味がわいたからです。

 

2017年12月で、就農して10年目になりました。

 

貫井園は、私が就農する前からお客様への直売を中心としていましたが、この10年の間に、ミシュランの星付きレストランやオンラインショップ、フランス・パリへの輸出など、販路を広げてきています。

また、しいたけやお茶を使った加工品を開発し、商品のバリエーションを増やしてきました。

 

最近では、同じ意識や目標を持つ仲間とレストランでの食イベントを開催したり、香港で“農業女子フェアin香港”を開催し、香港のそごう、イオンでの店頭プロモーションや香港ABCクッキングスタジオでの料理レッスンを手掛けたりと、貫井園という枠を超えた活動もしています。

 

新たな挑戦として“貫井香織印のワイン”を手掛けるべく、醸造用ブドウの苗を植え始めました。ワインがリリースできるようになるには、まだまだ数年かかりますが、私が育てたブドウで醸造したワインを飲める日が今から楽しみです。

 

【貫井園ウェブアドレス】http://nukuien.com

 

 

 貫井香織さん

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?