Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第83回鈴木由紀子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月7日

埼玉農業女子(第83回鈴木由紀子さん(熊谷市))

夫婦二人三脚で作る理想の牧場を目指して!

乳牛の自家育成に取り組む鈴木由紀子さんを紹介します

 写真1(鈴木由紀子さん)

由紀子さんは、結婚を機に御主人の篤さんの実家である、鈴木牧場に就農しました。篤さんとは学生時代にアルバイト先で知り合い、当時はまさか自分が酪農家になるとは思ってもいなかったそうです。

 

鈴木牧場では、成牛40頭、育成牛30頭を飼育しており、そのうち搾乳牛は38頭です。酪農について知識も経験もないところから始めたため、初めは言われたことだけをやっていたという由紀子さん。わからないことは篤さんや獣医さんに聞いたり、勉強会に参加したりして、知識を習得していきました。

写真2(子牛に哺乳する由紀子さん)

由紀子さんの担当は、子牛の哺乳です。「子牛はちょっとしたことですぐに具合が悪くなってしまうので、気を付けて見ていないといけないところが大変です」と苦労している様子でした。しかし、子牛を搾乳牛までに育て上げるのはとてもやりがいがあり、立派に育った牛の姿を見ると、さらに良い牛を育てようという気持ちになるそうです。

写真3(育成牛へのえさやり)

「目標は、子牛を自分達で育成して成牛にするというスタイルを貫くことです」と由紀子さん。鈴木牧場では4年前、分娩がうまくいかず、搾乳牛が30頭ほどに減ってしまいました。この経験から、搾乳牛を安定して確保するためには自家育成をしっかりしていることが重要であると考えるようになったそうです。時には、育成をやめようかと心が揺らぐこともあるそうですが、苦労した時のことを思い出し、育成牛を増やそうと努力しています。

 83_4(末の娘さんとのツーショット)

こんな牛を育てたい、こんな牧場にしたい、という構想を篤さんと日々話し合っています。「将来の夢があると、作業への想いも変わってきます。」と、目標に向かって夫婦二人三脚で取り組んでいます。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?