Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第77回田口祐希さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月12日

埼玉農業女子(第77回田口祐希さん(秩父市))

笑顔があふれる、明るい直売所にしていきたい!

夫と義父は栽培に専念。直売所は私に任せて!

祐希さんは結婚を機に、観光いちご園「和銅農園」に就農しました。活躍の場は、農園の直売所。いちごの販売や、いちご狩りの受付などを任されるようになりました。
祐希さんと夫の直樹さん

人と話すのが大好きな祐希さん。直売所では、会話を大切にしています。また、以前来園したお客様の顔を忘れずに、「またお越しいただいてありがとうございます」と声を掛けるようにしているそうです。祐希さんに会いに、毎週遊びに来るお客様もいます。

いちごのパック詰めをする祐希さん

「ここでお話しすることを楽しみに来園する方もいます。いちごをパックに詰める作業をしながらの長話。手は止まっちゃうけど、何だかほっこりします。」

商品と手作りのポップ
直売所の机にはいちご色のカバー、売り場に並ぶ商品には手書きのポップがついています。これらは祐希さんのアイデアで、仕事の合間を見て作成しているとか。いちご農園らしさと、親しみやすい直売所を目指しています。商品の1つ、いちごジャムは祐希さんの手作りです。「一日中いちごを煮詰めて、ラベルを貼って…大変ですが、売れたときの嬉しさはひとしおですね!」

祐希さん、今後の目標は?

いちごの葉を見る祐希さん

「夫とお義父さんが、お客様を裏切らない美味しいいちご作りを頑張ってくれています。そのいちごを、皆さんに食べてもらえるようにしていきたいです」
夫の直樹さんも「妻がいることで、農園が明るくなり、笑顔も増えた」と太鼓判。そんな祐希さんに会いに、是非、和銅農園に足をお運びください。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?