Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第69回八木原万里子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月6日

埼玉農業女子(第69回八木原万理子さん(横瀬町))

美味しい「いちご」を食べに来てください!

御主人と観光いちご園を経営する、笑顔が素敵な「八木原万理子さん」を紹介します。 

 【農家に嫁いで】

万理子さんは21年前に農家の長男である御主人と結婚されましたが、義父母から農業をやるように言われたことは一度もなかったそうです。家族の一員として一緒にやった方が楽しいかなと思い、自ら農作業を手伝うようになりました。

知り合いに「秩父に嫁いだらうどんを打てるようにならないとね。」と言われたそうですが、お義母さんからは「大丈夫だよ。うどんは○○屋さんに行けばいいんだから。」と優しい言葉をかけられたそうです。

最初は虫も触れなかった万理子さんですが、今ではいちごにつく虫なら手でつぶせるようになりました。

八木原万理子さん_1

【お客様に「美味しい」と言われるいちご園を目指して】

現在は、観光いちご園を中心に家族経営を行っています。いちごの定植は家族4人で、それ以外の作業は御主人と2人で行っています。

宣伝費用はほとんどかけず、その分肥料にこだわり、お客さまに「美味しい」と言っていただける観光いちご園を目指しています。

お客様に楽しい時間を過ごしていただくため、どんなに忙しくても常に笑顔で接するよう心がけ、挨拶は「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」とお声掛けするようにしているそうです。

「赤いいちごがなくて摘み取りができないときは、申し訳ないので別の農園をお客様に紹介しているのですが、『ここのいちごが食べたいんだ。また来る。』と言って別の日に再び来園いただいたり、雪害でハウスが倒壊したとき、心配で真っ先に駆けつけ、暖かい言葉をかけてくださったり、そういうお客様がいるから、美味しいいちごを作っていきたいんです。」と万理子さんは言います。

八木原万理子さん_2

笑顔が素敵な万理子さん。「美味しい『いちご』を食べに来てください!」

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?