Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第65回加瀬田亜希さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月15日

埼玉農業女子(第65回加瀬田亜希さん(行田市))

父の想いを引き継ぎ、本格農業2年生

平成27年1月、農業経営の大黒柱だった父親を亡くした後、娘の亜希さんが中心になり主穀経営を家族で切り盛りしています。

加瀬田亜希さん1

 

〈農業との出会い〉

小さい頃から、両親が取り組む米づくり等の手伝いを行っていた亜

希さん。農業経営のプロとして尊敬していた父親が亡くなった後、家族

の協力も得ながら、田植え、稲刈り、小麦のは種等の計画から栽培管理

まで、亜希さんが中心になって経営を切り盛りしています。

 

〈米栽培〉

田植え時期の決定、施肥量の計算等々、判断を迷うこともありますが

指導機関の支援を得て乗り切っています。栽培の結果をみて、次年度の

計画を立てる時は、経営計画の重要性を感じます。

亡き父親から教わった田植え機やトラクタ等農業機械の操作もお手

のもの。フォークリフトも使いこなしています。

加瀬田亜希さん2

 

〈経営参画への理解〉

平成27年12月に結婚。ご主人は「好きな農業を続けていいよ」と

言ってくれます。夫婦で職業は違いますが、お互い尊重し良い関係を

築いています。

 

〈夢・うれしいひととき〉

大切に育てた米を収穫し、土鍋で炊いたご飯を食べる時の喜びは格別

です。

美味しいトマトを作り出荷していた父と「もう一回トマトを作ろう」

と約束していた亜希さん。「この約束を実現するのが夢です」と目を輝か

せ話してくれました。

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?