Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第62回澁澤昭代さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月11日

 埼玉農業女子(第62回澁澤昭代さん(深谷市))

我が家の野菜は、品質の良さと日持ちで勝負です

 

自信に満ちた笑顔でこう話してくれた深谷市の新戒地区で施設きゅうりやえだまめ、ブロッコリーやトルコギキョウ栽培に取り組む澁澤昭代さんを紹介します。

「農業歴でいうと二十数年になりますね。」と話す昭代さんですが、農業を始めるきっかけは結婚だったそうです。

きゅうりを収穫する澁澤さん

始めた当時は、父親の正志さんについてきゅうりやトルコギキョウなどの施設園芸やブロッコリーをはじめ露地野菜の栽培に夢中で取り組んでいたそうです。

父親の代から40年以上、現在でも澁澤家の農業は徹底した土づくりにこだわり、肥料はぼかしなどの有機質肥料を、土壌消毒は太陽熱や土壌還元消毒を用いるなど環境や作物にやさしい農業に取り組んでいます。

そのため、市場でもその品質と日持ちの良さに定評があり、「澁澤ブランド」として、消費者から強い引き合いがあるとのことです。

箱詰めされたきゅうり

技術に裏打ちされた高品質生産を行う一方で、「今は、経営を見直す時期」とも話しています。

これは、2年前の雪害で、これまでの環境が大きく変化してしまったことが要因だそうです。
調整作業をする澁澤さん

そのため、施設きゅうりの栽培面積を増やしたり、新たにえだまめ栽培に取り組んだり等、次のステップに向けて着実に動き出しています。

最後に「これからの目標は、高品質な野菜を多くの消費者に知ってもらうため、フェイスブックなどを活用して情報発信し、多くの消費者の方々に澁澤の野菜を知ってもらい、食べていただくことです。」と笑顔で語ってくださいました。

 




お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?