Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第60回間室夏実さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月22日

埼玉農業女子(第60回 間室 夏実さん(吉見町))

大好きな花をもっとたくさんの人に身近に楽しんでほしい!

お店の中は花を楽しむ素敵な空間が広がっています。

 間室さんは、2年間の会社勤めの後、オーストラリアでチョークアートを勉強したのち、鉢花を生産直売、仕入販売する自分の家の手伝いを始めました。はじめは家で働きながら、チョークアートの仕事を見つけていこうと思っていましたが、花に携わる仕事は楽しく、手伝いから本業として家で働くようになりました。

間室夏実さん

 間室さんの仕事は直売のお店の仕事とお店のガーデニング教室の講師です。ガーデニング教室は、10年前からはじめ、月3回、年間6回開催し、お店の他に公民館でも行っています。これまでにハンギングバスケットマスター、グリーンアドバイザーの資格を取得しました。花の仕事は楽しく、自分の好きな多肉植物を挿して増やし、商品にしたりもしています。

 

間室さんガーデニング

間室さん多肉植物

 

 2年前の大雪では、家のハウスが潰れてしまい大変な時期がありましたが、家族で話し合い、お店のガーデンづくり、楽しい空間づくりをするなどの方向転換をしました。お店の中は素敵な空間が広がっています。

 間室さんスペース

 

 これからは、「肥料や農薬のことなどをもっと勉強して、お客さんが花を楽しめるアドバイスをしていきたい、品質の良い花を届けたい、生活の中での花の価値を提案していきたい」といろいろな思いを語ってくれました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?