Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第59回吉野由紀さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月13日

埼玉農業女子(第59回吉野由紀さん(行田市))

女性の発想で花の魅力を伝えたい

鉢花経営の中で、「色どりよい花の寄せ植えをオシャレなラッピングで販売する」という、自分の分野を開拓し、お客さんに喜んでいただけるよう努力したい。

〈夫との出会い〉

先輩農家が企画した「独身農業青年の出会いの場」で、夫と知り合った由紀さん。誠実で、やさしい人柄にひかれ結婚し、現在は4歳と2歳半のお子さんのお母さんです。

吉野由紀さん一

 

〈鉢花栽培〉

農業の経験はありませんでしたが、「結婚したら夫と一緒に農業するんだ」と決めていたそうです。花の管理作業を始めて4年になりました。昼食、休憩時間を除いて9時~15時まで、花苗の鉢あげ、出荷時の鉢花の葉かき、色の組み合わせを考えた出荷トレー詰め等の作業を担当しています。
鉢花への水くれは、もう少し技術が上がれば担当できそうで、「水くれ」ができるようになるのが、今の目標だそうです。

 吉野由紀さん二

 

〈経営参画〉

女性の視点で経営参画するのが目標で、色どりの良い鉢花の寄せ植えを作り、おしゃれなラッピングで包んでお客さんに提供したいと夢は膨らみます。
加須農林振興センターで始まった「若手女性農業者研修会」で行田市、加須市の若い女性農業者とも知り合う機会ができ、仲間と一緒に農業技術の研修会にも熱心に参加しています。

〈嬉しいひととき〉

お子さん2人も、花への興味が自然と生まれ、「ポインセチア」「パンジー」などの花の名前を覚えたり、「大きくなったらパパの手伝いをしたい」と嬉しい言葉も聞かれ、夫婦で笑顔になることも多いとのことです。

 吉野由紀さん三

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?