Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第57回粕谷知実さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年2月3日

埼玉農業女子(第57回粕谷知実さん(狭山市))

心を繋ぐいちご園

狭山市でいちご園を経営する粕谷知実さんは、いちごハウスに一歩入るといつも優しい笑顔で迎えてくれます。ハウスの中には、ゆったりとくつろげるスペースがあり、知実さんの心づかいが随所に感じられます。男の子2人のお母さんでもある知実さんは、いちご園を通じた大切な出会いについて話してくれました。

 粕谷さんご夫妻は9年前、管内でも先がけて観光いちご園「いちごハウス粕谷園」を開園しました。その後、次々参入してきたいちご農家を組織して「ストロベリーファーマーズ(16人)」を結成、夫はリーダーとして活躍し、知実さんは会員の家族も一緒に技術研鑽できるよう気づかっています。

粕谷知実さん1

 2年前の大雪では、徹夜でハウスを守った結果、幸い被害は免れましたが、ほとんどの会員が被害に遭いました。知実さんは夫とともに経営再建に立ち向かう会員と会員の家族を励まし続け、現在では会員全員のハウス再建が実現しました。

 

<9年目を迎えて>

 「観光いちご園を始めて9年目になりますが、気象に左右される農業は毎年難しさを実感しています。常に高い品質を目指していますが、気象や環境の条件で果実の形、成熟の速さ、着色、糖度、酸度、食味が変化していきます。日々、私たちが管理作業をする上で、何ができるか考えています。農林振興センターの方々のご指導をもとに、初心を忘れず、決して満足せず、慢心せず、常に向上心を持っていちご栽培に取り組んでいきたいと思います。」

 

いちご

<いちごを通して>

 「普通に生活していたら出会うことがなかった素敵なご縁や出会いがたくさんあります。うちのいちごを食べたいと来てくれた人を迎え、受け入れ、お客様と心と心を繋いできました。小さいお子様からご年配の方たちに「美味しい」という言葉とたくさんの笑顔をいただき、いちごだからできる農業と接客業の仕事の醍醐味があります。これからもお客様に感動を!お客様に満足を!提供できるように努力していきたいと思います。」

粕谷知実さん3

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?