Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第53回吉岡麗子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年11月26日

 埼玉農業女子(第53回 吉岡 麗子さん(深谷市))

ポインセチアに魅せられて

 

「私の心は燃えている。」など情熱的な花言葉をもち、クリスマスシーズンを彩る花として真っ先に思い浮かぶのがポインセチア。その花を花き園芸の盛んな深谷市で生産する吉岡麗子さんにお話を伺いました。

吉岡さんは、ご家族でポインセチアを中心に、山アジサイやゆりの鉢物を栽培しています。
メインのポインセチアは、3寸から6寸サイズまで、年間約5万鉢(ポット)を生産しています。

吉岡麗子さん

 

研修先でポインセチアに魅せられて就農時より栽培に取り組んでいる吉岡さんは、研究熱心で、その高い栽培技術から、これまでに「日本ポインセチアフェア大賞」をはじめ、様々な賞を獲得してきました。

「お客様に丈夫できれいなポインセチアを長く楽しんでもらいたい」、「テーブル装飾などご家庭で手軽に使ってもらいたい」との思いから、身近にポインセチアを使ってもらうために栽培技術を磨き、バスケットやオリジナルの箱での出荷など様々な工夫を重ねてきた吉岡さん。

吉岡さんポインセチア

 

今後は、「栽培面積を維持しながら、より品質を向上させていきたい」と出荷を待つ色とりどりのポインセチアの鉢を前に笑顔で語っていました。

最後に吉岡さんからお部屋でポインセチアを長く楽しむためには、「過湿に注意して、水をあげすぎないこと。特に受け皿に水をためるのは厳禁です。」との生産者ならではのアドバイスをいただきました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?