Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第52回田口智香子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年11月16日

埼玉農業女子(第52回田口智香子さん(草加市))

子供のころから農業が好き、ずっと続けて行きたいです。

500m進むと東京都足立区という埼玉県草加市で、都市農業を頑張っている農業女子の田口智香子(たぐちちかこ)さんを紹介します

 伺った時には、カブと今年から新規に導入した恐竜の卵や珊瑚礁などと呼ばれるカリフラワー「ロマネスコ」の初収穫が行なわれていました。

現在は、草加市で旦那さんとブドウと学校給食やスーパー等に出荷する露地野菜を栽培しており、草加市では数件しかないクワイの栽培も行っているそうです。

田口智香子さん

 

実家が八潮市で農家をしている智香子さん、20歳の頃からアパレルの仕事をしながら実家で農作業をしていたそうで、「子供のころから農業が好きです。」と笑顔で話してくれました。

田口智香子さん

 

「旦那に農業を進めたのも私で、実家が農家だったこともあり小さいころから植物に触れ合うことが好きでした。自然相手で大変なこともありますが、自営業の農業は、子供たちと一緒にいられる時間が多く大変充実しています。」と仕事をテキパキこなしながら答えてくれた智香子さん。
また、「これからずっと農業を続けていくためにも、健康で無理をしないで、今のライフスタイルを続けて行けるようにしたいです。」と素敵な笑顔で答えてくれたのが印象的でした。

田口智香子さん

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?