Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第46回青木優子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年9月17日

埼玉農業女子(第46回青木優子さん(熊谷市))

動物が好き!楽しく酪農しています

青木優子さん

青木優子さんは、動物が好きで動物看護師として6年間働いていましたが、5年前に仕事をやめて、夫の実家である青木牧場に就農しました。
現在、成牛と子牛を合わせて約70頭飼育しており、そのうち搾乳牛は36頭です。自給飼料として、飼料用稲の栽培も行っています。

3人の子供がいる青木さんは、子育ての合間に農作業をする毎日です。子牛の哺乳と餌の給与が主な担当です。「育児と仕事の両立は忙しく、大変なときもある。」と青木さんは言います。
しかし、忙しい日々の中、自分でデザインした牛の絵のオリジナルTシャツを作るなど、生活を楽しむ工夫をしています。取材に行った日も、ご主人とおそろいのTシャツを着て作業をしていました。
シャツ

 

 

「今後の目標は2つある。」と青木さんは話してくれました。1つは、10月に北海道で行われる全日本ホルスタイン共進会に牛を出品するために、予選会で埼玉県代表の4頭の中に選ばれることです。
もう1つは、2年半前に取得した家畜人工授精師の資格を活かして、自宅で牛の種付けをすることです。

 


牛

 

毎日同じ仕事をしていますが、「牛たちの表情はいつも違っていて、飽きることがない。」と青木さんは語ります。非農家出身で、最初は大きな牛が怖かったけど、育てていくうちに怖くなくなったそうです。「今では、子牛が育っていく様子を見るのが仕事の中で特に楽しい。」と話し、動物が好きという青木さんの気持ちが伝わってきました。

牛

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?