Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第45回内田知子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年8月28日

埼玉農業女子(第45回内田知子さん(秩父市)

夫の実家はぶどう園、一足先に嫁の私が就農しました

ぶどう園で仕事を始めて3年目。今年も丹精込めて育てたぶどうの販売が始まりました。人気の「ちちぶ山ルビー」を皮切りに、10月中旬まで販売が続きます

内田知子さん
 

結婚10年目の知子さんは、サラリーマン家庭に育ち大学を卒業後、県内有数のスーパーに就職。ご主人とは職場結婚で、ご主人にもらった実家のぶどうを食べたのが、出会いの始まりだったそうです。

始めはぶどう園を手伝う予定ではなかったそうですが、子供達が保育園に通い始めた3年前に働くことを考え、実家のぶどう園を手伝うことに。義父も仕事としてやるのだからとお給料制にしてくれたそうです。ご主人も、休みの日にはぶどう園の仕事を手伝っていますが、まだ就農は先のようです。

ぶどうの作業で一番難しいのは、ぶどうの形が決まる摘粒で、ぶどうの花が咲き始める5月の房づくりから袋かけが終わる7月まで、棚下で顔と両手を挙げた農作業は、肩こり、筋肉痛と若い知子さんにもこたえると話してくれました。

 

【一番人気は“ちちぶ山ルビー”】

やまねぶどう園には約20品種のぶどうがあり、最初に販売が始まる「ちちぶ山ルビー」が一番人気だそうです。その後、種あり巨峰、シャインマスカットなど10月中旬まで美味しいぶどうがあります。ただ、売り切れる日が多くて、せっかく買いに来てくれたお客さまにお断りするのが申し訳なくてと話していました。

 

【将来は・・・】

 知子さんは、まだ冬の剪定をやったことがなく、そろそろ一年を通じたぶどう栽培を勉強したいと、とても前向きです。将来、ご主人も一緒にぶどう園をやる時に、自分が義父に教えてもらったことを、ご主人に伝えていければと思っているそうです。これからも美味しいぶどう作り、がんばってください。

内田知子さん

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?