Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第39回 守屋 里美さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年7月9日

埼玉農業女子(第39回 守屋 里美さん(さいたま市))

今年からブドウの直売が本格的に始まります

接客業は得意。これから始まるブドウの直売でサポートしていきたい

守屋さん

 

さいたま市見沼区の守屋さんの雨よけハウスでは、あと1か月ほどで収穫を迎えるブドウがたくさんぶら下がっています。
3年前に夫の就農をきっかけに一緒にブドウの管理作業を始めた里美さんは、非農家出身ですが、幼いころから花や植木などの植物が好きだったそうです。

「私の実家は大宮駅すぐ近くなので、畑でできるブドウや野菜がどう成長するかなんて知りませんでした。新鮮な食べ物が、すぐ近くにある環境は最高です。また、子供を育てる上でも、これ以上の場所はないと思います。」と答えてくれました。

守屋さん2

 以前、百貨店に勤めていた里美さん。今年から本格的なブドウの自宅直売が始まるそうです。

 「うちの主人は、一つのことにのめり込んでやるタイプなので。今は、ブドウの栽培に一生懸命。私は元々、接客が好きなので販売のサポートをしていきたいと思います。」とにこやかに話してくれました。

 もうすぐ始まる直売の準備に忙しい里美さん、シャインマスカットや藤稔(ふじみのり)等を中心においしいブドウができるのは、8月中旬以降になります。

 販売開始をお楽しみに!

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?