Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第36回飯塚友加吏さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年5月12日

埼玉農業女子(第36回 飯塚友加吏さん(上尾市))

農業は難しい。でも太陽の光の中で働くのは楽しい♪

(株)ナガホリでは「小松菜うどん」が販売開始されます

飯塚友加里さん

  幼いころから農業に興味があり、都内の農業高校卒業後、東京農業大学を経て上尾市の(株)ナガホリに就職就農し、5年目の飯塚さん。
野菜栽培指導の他、従業員への指示や機械作業、6次産業化による商品の開発や販売などの仕事を行っています。

 「5年間働いて、農業の難しさを知りました。体力も必要ですが、考える事が多い毎日です。」と語ってくれました。
 就職する前は、土を耕し、種をまき、収穫をすることしか想像していませんでしたが、実際は1年間を通じて野菜が途切れないように作付や収穫を考えたり、地主さんとの契約を行ったり、6次産業化商品のパンフレットやパッケージを考えたりと、事務を行うことが意外に多い毎日だそうです。

「小松菜うどん」は5月の連休から県内スーパーで販売開始

小松菜うどん 将来の夢は「まだ、先のことはわからないですが・・・外で作業がするのが大好きなので、何かしら農業にずっと携わっていきたいと思っています。農家の嫁になれたら・・・」と話してくれました。
 農業が大好きな飯塚さんが携わってできた「小松菜うどん」は5月の連休から県内スーパーで販売開始になります。
 「従業員みんなで商品検討を行なったり、様々な手続きを経て出来上がった商品です。小松菜をたっぷり使用した自信作。ぜひ食べてみてください」とにこやかに話してくれました。

 「農業生産法人 ナガホリ」http://nagahori.com/

作業写真

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?