Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第31回山口由美さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年3月5日

埼玉農業女子(第31回山口由美さん(越生町))

「越生の梅」をもっと広めたい!

梅づくりの師匠は職人気質で厳しい義父。しかし、ある日病に倒れ…

山口由美さん
 

 由美さんは、結婚当初「農業はやらなくていいよ」と言われましたが、実際には農繁期には梅もぎ、選果、出荷までしっかり手伝わなくてはならない状況でした。「こんなはずではなかったのに!」と思いつつ手伝いをしていましたが、9年前に義父が病気になり農業ができない状況になりました。夫に「農園はどうするの?」と聞かれ、「夫が仕事をやめるわけにはいかないなら私がやろう。やるなら楽しく!」と思い由美さんによる経営がスタートしました。

 「始めてみると「手伝う」のと「自分でやる」のは大違いで、梅と田んぼの管理はとても大変でした。義父が元気なうちに教えてもらえばよかったと思いましたが、今になって後悔です。」とのこと。今は、梅部会の先輩、農業の先輩にいろいろ教えてもらい、日々勉強中だそうです。

加工品の開発

ウメ加工品
 

 義父の時には市場出荷のみでしたが、由美さんの経営となり「もっと多くの方に「おごせの梅」「山口農園の梅」を知っていただきたい」と思って、スーパーなどへの直売を始めました。加工品も、長く行ってきた梅干加工を中心に、現在では「練り梅」「梅味噌」などアイテム数を増やして新商品の開発にも力を入れています。

農業女子プロジェクトへの参加

 由美さんは、農水省が主催する「農業女子プロジェクト」に参加しており、2014年には「subway」とのコラボで梅を使った限定メニューを開発しました。「全国の同じ思いを抱える女性農業者の仲間を増やしていきたい」と思っているそうです。

生梅の収穫体験や加工体験の開始

収穫体験
 

 由美さんは一昨年に生梅の収穫体験や加工体験を始めました。これからの時期は梅の花を愛でながら、「梅の花寿司体験」や「梅の枝を使った染色体験」を楽しめます。どの体験も参加者からは好評です。「今後は体験メニューを充実させ、田んぼの作業体験等もできたらいいなぁと思っています」とのこと。

「梅の開花も始まります。今年も消費者の皆さんに喜び、楽しんでもらえる1年にしたいと思います。そして「よい梅、よい米づくり」を目標にして頑張っていきます。」と話してくれました。


お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?