Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第29回戸塚郁江さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月31日

埼玉農業女子(第29回戸塚郁江さん(行田市))

きれいな花を出荷する時の達成感は、忙しさを忘れます!

  戸塚園芸の資料作成等を担当し毎日忙しく働く中にも、きれいに咲いた花を出荷する達成感は格別です!

戸塚郁江さん
 

【自然の流れで花栽培に】

 郁江さんはサラリーマン家庭で育ち農業を知りませんでしたが、広人さんと結婚し花栽培に取り組むようになりました。現在は、両親、パートさんと一緒にシクラメンやラナンキュラスなどの鉢花生産に携わっています。日々のかん水作業のほか、結婚前の事務系の仕事を活かして資料作成という重要な部門を担当しテキパキと働いています。「毎日、仕事に変化があってやりがいを感じています。」とのこと。

【夫婦の会話は花栽培のこと】

 郁江さん・広人さんご夫婦には7歳と4歳のお子さんがいます。花の季節は忙しいのですが、比較的時間のある冬休みには親子で遊園地などに出かけるそうです。
 夫婦の会話は、「今日は、何ケース出荷できるかな」「段ボール足りるかな」と花栽培の会話が多く飛び交います。また、「これからは、計画的に休日や働く時間がとれるようにしたいね」と将来のことも話し合っているそうです。多忙な郁江さんですが、毎日明るく鉢花栽培に取り組んでいます。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?