Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第11回 桜井 哉子(さくらい かなこ)(小川町))

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月31日

埼玉農業女子(第11回桜井哉子(さくらい かなこ)(小川町))

第11回可憐な小花クジャクソウの産地を担う~オリジナル品種で、まだ見ぬ感動を消費者に届けたい!~ 

 大雪の被害を乗り越え、今、オリジナル品種「桜ミスト」の出荷に大忙しです。

 

桜井哉子さん

 今年2月、雪害でハウスの半分以上が倒壊し、一時は切花経営を続けられるかどうかの大ピンチになりました。

 ハウスの再建や露地作型への作付け変更に、いち早く取り組むなど努力の甲斐あって、品質・収量とも良好で、休む暇もないほど出荷作業に大忙しの桜井農園です。

 哉子さんは20年前に、小川町特産「クジャクソウ」栽培の発祥の農家の三代目に嫁ぎ、切花栽培に携わるようになりました。

夫の明弘さんが育成したオリジナル品種は、「桜ミスト」「桜花火」「桜の恋」「プレアデス」など10種類以上。まだ見ぬ感動をお客様に届ける喜びは、格別だそうです。長期出荷とオリジナル品種が経営の特徴です。

 桜井さんの所属する「比企生花組合」では、イベントでの展示や飲食店に配布し飾ってもらうほか、保育園児を対象にした収穫体験などの「花育」をとおして、クジャクソウのPRを行っています。

 これからも夫や地域の仲間とともに、若手農業者に技術指導をするなど、伝統あるクジャクソウの産地が活気ある産地となるよう、頑張りたいと語っています。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?