Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第7回鳥飼純一さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月26日

埼玉農業男子(第7回 鳥飼純一さん(和光市))

 

第7回 目指すは、地域と調和した都市農業、法人化、規模拡大、6次産業化、夢が膨らみます。 

 和光市のいちご栽培の収穫が始まりました。就農3年目の観光いちご園を経営する「とりかいさん家のいちご園」に出かけてみませんか? 

埼玉農業男子鳥飼さん1 大学の農学部で、流通やマーケティングを学んだ鳥飼さんは、農業の基本は農作業だと気がつきました。埼玉県農業大学校に入学し、担任の先生と研修先の農家との出会いがきっかけで、和光市に、高設イチゴのシステムを使った観光いちご園「とりかいさん家のいちご園」を3年前にオープンしました。

 

 「恥ずかしながら、農業大学校に入る前まで、土で栽培するイチゴしか知らなかったです。担任の先生と研修先の受け入れ農家さんがいなかったら観光イチゴ園は、始めてなかったと思います。今でも大変お世話になっています。」

 と、なかなか衝撃的なお話。就農3年目、着実に進んできたように見える鳥飼さんには、それをしっかり支えてくれる2人の存在が大きかったようです。

 

 農薬の使用量を減らし農作業を楽にする天敵を利用した防除も行っています。天敵とは、 一般の方は聞きなれない言葉だと思いますが、イチゴ栽培では一般的に使われている言葉で、ここでいう天敵とは害虫を食べる益虫のことを指します。

 イチゴの葉には葉の養分を吸う「ハダニ」と言う害虫が寄生してしまいます。農薬で殺すこともできますが、やはり農薬には頼りたくない。

 そこで天敵資材(ハダニを食べる肉食のダニ)を畑に投入します。

 また、今年から、うどんこ病の防除資材として、特殊な光の波長イチゴを照射することで、イチゴが本来持っている免疫機能を高め、うどんこ病の発生を抑える資材も導入しました。

 

 来年、新たにハウスを増設し規模拡大を行う予定です。

 将来は、キッチンカーによるイチゴのジェラート販売も検討中。目指すは地域と調和した都市農業、法人化も視野に入れ鳥飼さんの夢は確実にそしてパワフルに進みます。

  「とりかいさん家のいちご園」は、12月中旬からオープンしています。

 詳しくは、「とりかいさん家のいちご園」ホームページをご覧ください。 http://www.torisan-ichigo.com/

鳥飼純一さん1鳥飼純一さん3鳥飼純一さん2

埼玉県内には、県内各地に観光イチゴ園があります。

あなた好みのいちご園を探しに出かけてみませんか?

お問い合わせ

農林部 農業支援課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?