Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第4回森田義政さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月26日

埼玉農業男子(第4回 森田義政さん(東松山市))

 

第4回 農業は自分に限界を作らない 

  東松山市で主穀作経営を行う森田義政さん。JA埼玉中央青年部委員長をはじめ、比企郡の青年農業者組織「ウイルクラブ」、東松山農業者会「NEXT」の中心メンバーとして活躍しています。

   埼玉農業男子森田さん1

 森田さんは酪農経営を営む両親のもとに就農しましたが、自らの手で経営を行いたいとの思いから新たに主穀作を開始しました。

 経営開始時から遊休農地を活用した耕作面積拡大や機械装備の充実による経営の効率化を図り、現在では水稲15ha、麦・大豆各5haの作付けを一人で行っています。

 就農当初から農業を企業的な感覚でとらえ、先輩農家や普及指導員との情報交換、経営セミナーなどへの参加により、経営感覚の向上に努めてきました。

 現在も、自室には数字による経営目標を掲げ、常に経営の発展を意識しながら、さらに高度な経営を目指しています。その姿勢には妥協がなく、「自分の限界を作らない」というポリシーが感じられます。

埼玉農業男子森田さん2埼玉農業男子森田さん3

 農業の魅力は?の問いに「サラリーマンは良くも悪くも就職した時点で自分の将来像が描けるが、農業には上限がなく自分次第でどこまでも発展できる。」と答えてくれました。

埼玉農業男子森田さん4埼玉農業男子森田さん5

 農業経営に妥協をしない森田さんですが、「趣味を持っている人の方が、仕事にも集中できますよね。」と笑い、休日にはジェットスキーやオートバイ、スノーボード、スキーなど幅広い趣味を楽しんでいます。

 今後の一番の課題は、一緒に将来のビジョンを描ける伴侶を得ることです。

お問い合わせ

農林部 農業支援課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?