Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第69回竹内博之さん(羽生市))

ここから本文です。

 

掲載日:2017年5月1日

埼玉農業男子(第69回竹内博之さん(羽生市))

一歩ずつ確実な歩み~安定した農業経営を目指して~

 羽生市で美味しいキュウリ栽培を行っている竹内博之(たけうちひろゆき)さんを紹介します。

 竹内さんは一般企業の会社員からプロボクサーになった異色の経歴を持っています。

 生涯の仕事として農業を選び、就農予備校や明日の農業担い手育成塾などで栽培技術を学び、平成26年に羽生市で就農しました。

dai69_1

 露地野菜での研修中に、施設野菜の検討を始めたところ、羽生市役所のHPで紹介されていた産地のキュウリ栽培に魅力を感じ、羽生市での就農を決めました。

 現在はキュウリに加え、ネギやサトイモ等の栽培も行っています。

dai69_2

 取材日は、次期作に向けたキュウリの定植作業を真剣な眼差しで行っていました。

 キュウリ栽培で意識していることは収量を上げつつ、秀品率を向上させること。そのために、積極的に周りの農家や普及指導員にアドバイスを求めたり、実際にほ場を見学したりして、良いと思ったことはすぐに実践しています。コツコツ真面目に取り組んだ結果、売り上げも着実に伸びています。

dai69_3(昨年10月のキュウリ収穫風景)

 現在、市を通して借りた空きハウスを活用していますが、今後は現在の1.5倍の面積のキュウリハウスの新設を計画しています。

 「ハウスの規模拡大で作業を効率良くして、もっと収量を上げて、農業経営として安定したものにしていきたい」と最後に強い意気込みを語ってくれました。

dai69_4

 羽生市の青年農業者団体の副会長として、若い仲間と一緒に地域に根差した活動にも活発に参加しており、今後の地域農業の担い手として期待される竹内さんです。 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?