Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第64回内田徹さん(狭山市))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年12月20日

埼玉農業男子(第64回内田徹さん(狭山市))

狭山の農業を絶賛盛り上げ中!

 斬新なHPやグッズ製作で注目を集めている狭山市4Hクラブの広報担当を紹介します。

 内田徹(うちだとおる)さんは、4年前に実家へ就農し、狭山市で主にほうれんそうを栽培しています。

dai64_1

 大学卒業後、普通の会社と同じような働き方をさせてくれるところと、ストレスのない環境に惹かれて、実家で農業をすることに決めたそうです。

 今の時期、内田さんの畑にはトンネル栽培のほうれんそうが整然と並んで圧巻です。徹さんは初め、野菜がよくできれば畑の見た目はどうでもいいと思っていましたが、丁寧に仕事をするお父さんの傍らで農業を続けるうちに、つい崩れた畝をきれいに直してしまっている自分に気づいたそうです。

 今では、丁寧な畑作りをすることが、良い野菜作りにつながると考えています。

dai64_2

 そんな徹さんですが、今一番のモチベーションは、就農後すぐに加入した狭山市4Hクラブでの活動です。

 狭山市4Hクラブでは毎年さといもを栽培し、地元の農業祭での販売や子どもたちを対象にした掘り取り体験を行っています。今までほうれんそうしか栽培したことのなかった徹さんも、ここで仲間から学び、2年前からさといもの栽培をするようになりました。

 昨年度はクラブを代表してプロジェクト活動にも取り組み、その発表が入間地方青年農業者会議で最優秀賞(川越農林振興センター所長賞)、県の大会で第2位(農業会議会長賞)を受賞しました。

dai64_3

 また、もともと目立ちたがりだったという徹さんは、4Hクラブの広報担当を買って出て、今までにない斬新なHPを作ったり、ロゴやTシャツをデザインしたり、4HクラブをPRする活動に力を入れるようになりました。

 完成度の高さに注目が集まり、地元のメディアなどでも紹介されています。

dai64_4

 「農業をやると決めた時、おじさんばかりの世界に行くと思い込んでいたけれど、同世代の農家がいたことで、自分の個性を発揮できる場所ができたと感じました。今年で加入4年となり、卒業までの折り返し地点となったので、これからは自分が4Hクラブで学んできたことや、自分のやってきた活動を後輩に伝えていきたいです」

と語ってくれました。

 

 これからも、狭山の農業を盛り上げていってもらいたいですね。

 みなさんも、「狭山市4Hクラブ」のHPをぜひチェックしてみてください!

◯狭山市4HクラブHP http://sayama-4hclub.jimdo.com/

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?