Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第60回小池貴史さん(吉見町))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年11月15日

埼玉農業男子(第60回小池貴史さん(吉見町))

消費者に選ばれる「おいしい米の里」づくりを目指して

 埼玉県中央部、荒川と市野川に挟まれ肥沃な水田が広がる吉見町で、消費者に向き合いながら主穀経営を行う小池貴史(こいけたかし)さんを紹介します。

 小池さんは高校卒業後、農業機械販売会社に14年間勤務しながら、家業の水稲栽培の手伝いをしていましたが、次第に本格的に職業として米づくりに取り組みたくなり、平成24年に就農しました。

 就農当初から一部で行っていた直接販売で、消費者と交流しながら販売することに魅力を感じた小池さん。安全安心を担保する特別栽培の県認証や、2kgからの少量販売、注文を受けてからの精米など、消費者のニーズを捉え、埼玉県育成品種「彩のかがやき」「彩のきずな」を中心に、生産する米の6割ほどを消費者に直接販売しています。

dai60_1

 県庁朝市出店者の会では副会長を務めるほか、各種イベントへの積極的な参加、近隣の飲食店への営業、自宅周辺に「新米販売」ののぼりを立てるなどのPR活動により、直接販売の推進をしています。また、生産コストを低減するための「鉄コーティング湛水直播」への取り組みや、SNSの活用による栽培技術の情報交換など、生産体制の整備にも取り組み、昨年の青年農業者研究大会では、これまでの活動を発表し優秀賞を受賞しました。

dai60_2

 これから取り組んでいきたいことは、地域の若手稲作農家と連携し「いちごの里よしみ」に負けない、「おいしい米の里よしみ」にしていくことだという小池さん。地域農業の担い手として期待を集めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?