Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第53回浅見和文さん(皆野町))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年8月4日

埼玉農業男子(第53回浅見和文さん(皆野町))

美味しいぶどうを消費者に届けたい!!

皆野町でぶどうや桃を栽培している浅見 和文(あざみ かずふみ)さんを紹介します。

 浅見和文さんは、皆野町でぶどうを中心とした果樹栽培に取り組んでいます。

 和文さんは、就農前に3年間、国の果樹試験場で研修・契約職員として働いた後、平成22年に実家のぶどう園である「かわご園」に就農しました。

dai53_2

 取材に伺ったときには、香りのよい桃の収穫作業中でした。かわご園では、桃は主力のぶどうに次ぐ生産品です。

 「ぶどうの栽培と作業が重なるため、これ以上は面積を広げられないけれども、心待ちにしているお客様のために栽培を続けていく。」という和文さん。良いものが栽培でき、お客さまに喜んでもらえることが、農業を行うモチベーションとなっているそうです。

dai53_3

 和文さんは、果樹試験場時代に様々な先進的な技術や考え方を学びました。その中で何よりも印象深かったのは「畑を歩いた分だけ良いものができる。」との言葉だそうです。就農してからは、その言葉を胸に、できる限りぶどうや桃の樹を良い状態に管理し、良質な収穫物を得られるように取り組んでいます。

dai53_1

「最近は、その成果が徐々に表れ、良いものを多く作れるようになってきた。」という和文さん。益々の活躍が期待されます。

 これから、ぶどうの収穫時期を迎えます。かわご園では、秩父地域のオリジナル品種「ちちぶ山ルビー」や栽培者の少ない「ゴールドフィンガー」など珍しいぶどうが人気です。

 ぜひ、美味しいぶどうを御賞味ください。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?