Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第52回山田満さん(小川町))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年8月4日

埼玉農業男子(第52回山田満さん(小川町))

安全で安心な野菜を安価で地元の皆さんに提供したい!

農作物の管理と家族サービスを両立させるため、日々野菜と向き合う熱き若人、山田満(やまだみつる)さんを紹介します。

 地元の大手スーパーの地元野菜コーナーで常に売り上げトップを続ける露地野菜農家。満さんはその子弟として生まれ親の背中を見て育ち、農業の面白さと多くの人に美味しい野菜を味わっていただきたいとの思いから、後継者となることを決意し、就農したと語ってくれました。

dai52_2

 現在、両親とともにきゅうりやなす、ピーマン、サトイモなど露地野菜を中心に経営を行っていますが、新設したハウスでは促成トマトの収穫が終わり、次に抑制きゅうりの作付を予定。露地栽培主体だった経営にハウスを導入し、さらに安定化させるため奮闘しています。

dai52_3

 家族は、奥さんと1歳の長男の3人暮らし。奥さんは栃木県のいちご農家出身で、2人目をご懐妊。11月には2児のパパとなると明かしてくれました。

 日が長い夏場は、朝5時に作業開始し、夜遅くまで荷造り作業を行います。しかし、梅雨明け後の暑い夏はたっぷりと昼休みを取り、この時間を子供とのスキンシップの時間に充てます。話をしていて、家族思いの山田さんの性格が良く出ているなと思いました。

dai52_1dai52_4

 

 活躍の舞台は地元にとどまらず、埼玉県農業研究団体連合会の4H部の理事や、青年農業者研究大会の司会を務めるなどその才能は計り知れないものを持っています。

 今後は、新たな品目として冬ねぎに力を入れていきたいと話し、外見は茶髪でピアスをしている今どきの若者ですが、足元を固めながら着実に前進していく好青年だなと感じました。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?