Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第42回久保田康士さん(熊谷市))

ここから本文です。

 

掲載日:2015年11月20日

埼玉農業男子(第42回久保田康士さん(熊谷市))

顔の見える直売で、トマトのおいしさを伝えたい

熊谷市でトマトの自家直売を行っている久保田康士(くぼたやすし)さんを紹介します。

  久保田さんは、平成17年に県農業大学校を卒業後、ご両親の経営する久保田農園に就農しました。

 dai42_1

 現在は、ご両親と一緒に施設トマト栽培(50a)を行い、自宅の直売所で販売しています。

 取材に伺ったときは、2月中旬に収穫するトマトの苗の管理作業をしているところでした。

dai42_2

 直売は、久保田さんのお父様が20年以上前から始めました。地元だけでなく、隣の市町や近隣都県からもお客様がトマトを買いに来たり、常連のお客さんから次々と宅配の注文が入ったりするほど人気があります。

dai42_3 

 自家直売の強みは、「完熟した一番おいしい状態のトマトをお客様に食べてもらえる」ことだと、久保田さんは言います。久保田さんの作るトマトは、減農薬、減化学肥料であると県から認証された特別栽培トマトです。

 久保田さんが直接販売するので、親しみやすく、人柄もあってお客様との会話がはずみます。

「気に入って買ってくれるお客様から、去年と味が違うと言われると出来が良くてもドキッとします。トマトは工業製品と違い、毎年気候が変わる中で生産するので、次年もおいしいトマトを作れるよう工夫していきたいです。」

と、商品であるトマトへの想いを語ってくれました。

dai42_4

 

 また、5年前から、自家農園で育てた完熟トマトだけを使ったトマトジュースを委託加工し、販売しています。

 初めは青年農業者グループのプロジェクトで新しい農産加工品の開発に取り組み試作した「トマトジュース」ですが、トマトの味がはっきりとわかる濃厚なおいしさは好評で、お客様からお客様に伝わって販売が広がり、いまでは年間2000本以上生産しています。

dai42_5

 お父様が始めたトマトの自家直売はお客様に広く親しまれていますが、将来に向けて、

「市内でにんじんジュースを販売する青年農業者の仲間と一緒に、ジュースのセット販売を企画したり、いいところは引き継ぎ、変えるべきところは変えたりして、より良い販売の仕方を探していきたい」

と意気込みを語ってくれました。

  

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?