Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第122回田代直也さん(行田市))

ここから本文です。

 

掲載日:2020年7月7日

埼玉農業男子(第122回田代直也さん(行田市))

子供たちの笑顔のために

行田市で野菜の生産に取り組む田代直也(たしろなおや)さんを紹介します。

 6月某日、取材のために作業場を訪れると、空模様とは対照的な笑顔が迎えてくれました。就農5年目になる田代さんはオクラやねぎ、行田在来えだまめなどを中心に多くの野菜を栽培しています。多くの取引先をもつことがリスク分散につながると考え、市場や地元のスーパー、直売所、給食センターなど出荷先は多岐に渡ります。

 オクラ圃場での田代さん

 サラリーマンだった田代さんが就農を志したのは、東日本大震災の時でした。この時、近所のスーパーの棚から食料が無くなってしまったそうです。子供にどうやって食べさせていけばいいのか・・・、田代さんは子供たちに安心して食事をとってほしいと考え、当時、農作業の手伝いをしていた奥さんの実家がある行田市での就農を決意しました。埼玉県農業大学校を卒業した後、明日の農業担い手育成塾に入り市内の生産者のもとで研修を受けるなどして着実に技術を磨き、2016年に就農しました。

 作業をする田代さん

 「全てです」。農業の魅力についてそう語る田代さん。特に、子供たちに食材を提供している給食センターへの出荷は大きい達成感があり、誇りに思っているそうです。最初はねぎだけでしたが、今年からなすやオクラも新たに出荷するなど意欲的に取り組んでいます。 

一方、目下の課題はまとまった休みが取れないことであり、今後改善していきたいとのことでした。

 

 将来の夢は農作業体験を通じ、子供たちに農業の魅力を感じてもらえる農園を開くこと。就農当時から変わらない、子供たちへの思いが表れています。

なす圃場での田代さん

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?