Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業政策 > 農業の6次産業化について > 埼玉県内の農業の6次産業化の取り組み > 農事組合法人男衾食肉加工組合(バルツバイン) 【寄居町】

ここから本文です。

 

掲載日:2015年5月18日

農事組合法人男衾食肉加工組合(バルツバイン) 【寄居町】

自社農場の武州豚を使用した加工品の製造販売所バルツバイン

バルツバインの外観大里郡寄居町の豊かな自然環境の中にある販売所、バルツバインは、自家農場・坂本ファームで育てられた武州豚のみを使用し、精肉、ソーセージ、ハム、ベーコン等の製造販売を行っています。

自分たちで育てた豚肉のおいしさを、より広く消費者に伝えたいという思いから、加工品の製造が始まりました。

バルツバインの店内

武州豚のおいしさの秘密

武州豚の写真

坂本ファームでは、洗浄、消毒、乾燥、温度管理のできる豚舎で、とうもろこしを主原料として有機炭、エコ飼料、飼料米を配合した餌を与えて豚を育てています。

ここで育つ武州豚は、脂が甘く、口に入れるととろけるようになります。加工品の数々には、自分たちで選んだ肉質のものを使用し、保存料、添加物は必要最小限にとどめ、塩分も控えめにしてあります。味に妥協せず、体に優しい安全・安心の製品作りを心がけています。

ドイツ食肉加工コンテスト金賞受賞

ビアシンケンの写真

 平成26年のドイツ食肉加工コンテストで、出品した「ビアシンケン(赤身のハム肉が入ったソーセージ)」、「ボロニアソーセージ」、「スモークレバー」の3品すべてが最高賞である金賞を受賞しました。

「ビアシンケン」は、ソーセージ生地の中に塩せきした角肉が入ったソーセージの王様と言われる太物ソーセージです。

 

ボロニアソーセージの写真「ボロニアソーセージ」は、シンプルな粗挽きの生地をケーシング(ソーセージの皮)に充填し仕上げ、お子様からお年寄りまで幅広い方に好評です。

 

 

 

スモークレバーの写真

「スモークレバー」は、新鮮な豚レバーを塩せきしスモークして仕上げてあり、レバーのなめらかな食感とスモークの香りを楽しめます。 

連絡先

代表者:坂本 和彦

担当者:坂本 健将

所在地:〒369-1216 埼玉県大里郡寄居町富田85-3

電話:048-582-2954

ファクシミリ:048-582-2954

URL:http://www.shop-warzwein.com/

「バルツバイン」営業情報

営業時間:10時30分から18時まで

定休日:水曜日

地図情報

 

お問い合わせ

農林部 農業ビジネス支援課 農商工連携・6次産業化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4122

ファックス:048-830-4830

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?