Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 県政サポーター > サポーターアンケート(平成30年度) > 第134回簡易アンケート「シルバー人材センターに関する意識調査」の結果を公表しました。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月7日

第134回簡易アンケート「シルバー人材センターに関する意識調査」の結果を公表しました。

1 調査の概要

(1)調査形態

  • 調査時期:平成30年11月22日(木曜日)から11月28日(水曜日)
  • 調査方法:インターネット(アンケート専用フォームへの入力)による回答
  • 県内在住県政サポーター数:2,924名
  • 回収率:64.2%(回収数1,877名)
  • 回答者の属性:(百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならない場合がある。)

 回答者属性

(2)調査結果の見方

  • ア.設問中の( )内の数字及びグラフの中の数字は、回答比率(%)です。
  • イ.回答比率(%)は小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計と全体またはカテゴリーを小計した数値が、100%にならないことがあります。
  • ウ.図表中の「-」は回答者が皆無のもの、「0.0」は回答者の比率が0.05%未満のため四捨五入の結果0.0%となったものです。 
  • エ.グラフの中で「n」とあるのは、その質問の回答者の総数を示し、回答比率は「n」を基数として算出しています。
  • オ.複数回答の質問については、その回答比率の合計は、100%を超える場合があります。

2 調査の目的

  生産年齢人口(15歳~64歳)の減少が進む中、社会全体でシニアの活躍が期待されています。

  シルバー人材センター(以下「センター」という。)は、県内各市町村に設置されており、生きがいを求めて、また仕事を通じて社会参加をしようとする60歳以上のシニアの方に対して、臨時的かつ短期的(※1)、または軽易な仕事(※2)を提供し、シニアの就労の場の拡大や社会参加を推進するなど、今後の社会の持続的な発展に大きな役割を担う団体です。

  県では、センター会員の獲得や就労先の開拓など、センターの事業を支援しています。
  今後の事業や取組に生かすため、県民の皆さまの「シルバー人材センター」に対する印象等についてお聞きしました。

  (※1) おおむね月10日以内
  (※2) おおむね週20時間を超えない範囲

「シルバー人材センター」について
  詳しくはこちらから ☞埼玉県シルバー人材センター連合ホームページ

「働くシニア 応援プロジェクト」とは…

  県では、生産年齢人口が減少する中、シニアの皆さまが自らの希望や意欲に合わせて働くことができる社会を構築するため、次の3つの取組を柱に「働くシニア 応援プロジェクト」を進めています。

(1)企業での「働く場」を拡大する

(2)シニアの就業を支援する

(3)シルバー人材センターの魅力を高める

  詳しくはこちらから ☞働くシニア応援サイト

担当課

  産業労働部 シニア活躍推進課 企画・指導担当 電話:048-830-4540(Email:a4540@pref.saitama.lg.jp)

3 調査結果

シルバー人材センターについて

シルバー人材センターの認知度

→「名前も活動の内容も知っている」が最も多く6割半ば(65.6%)

質問1 

  あなたは、シルバー人材センターを知っていますか。 

 

  質問1で、シルバー人材センターを知っているか尋ねたところ、「名前も活動の内容も知っている」が最も多く6割半ば(65.6%)、次いで「」が3割強(30.5%)であった。

 

シルバー人材センターのイメージ

→『

質問2 

(質問1で「名前も活動の内容も知っている」、「名前は知っているが活動の内容は知らない」と回答した方のみ)
  あなたは、シルバー人材センターに対してどのようなイメージを持っていますか。

  

  質問1で「名前も活動の内容も知っている」、「名前は知っているが活動の内容は知らない」と回答した方を対象に、シルバー人材センターに対してどのようなイメージを持っているか尋ねたところ、「」(22.2%)と、「」(56.5%)を合わせた『であった。また、「」(1.7%)と、「」(10.0%)を合わせた『であった。

  

悪いイメージの理由

→「」が3割半ば(34.1%) 

質問3 

(質問2で「どちらかというと悪いイメージ」、「悪いイメージ」と回答した方のみ)

  あなたは、なぜそのようなイメージを持っていますか。(あてはまるもの2つまで)

  質問2で「どちらかというと悪いイメージ」、「悪いイメージ」と回答した方を対象に、なぜそのようなイメージを持っているか尋ねたところ、「」が最も多く3割半ば(34.1%)であった。次いで「」が、3割強(32.7%)であった。

   

入会の希望

  シルバー人材センターは、生きがいを求めて、また仕事を通じて社会参加をしようとする60歳以上のシニアの方に対して、地域でのお仕事を提供する団体です。

 

→『

質問4

  あなたは、シルバー人材センターに入会したいと思いますか。

※60歳未満の方は、将来のご希望についてお考えください。

 

  質問4で、シルバー人材センターに入会したいと思うか尋ねたところ、「」(9.0%)と、「」(27.1%)を合わせた『であった。また、「」(16.9%)と、「」(16.1%)を合わせた『であった。

 

入会したくない理由

→「」が3割弱(28.6%)

質問5

(質問4で「」又は「」と回答した方のみ)

  あなたは、なぜ「入会したくない」と思いますか。(あてはまるもの3つまで)

 

  質問4で「」又は「」と回答した方を対象に、なぜ入会したくないと思うかを尋ねたところ、「」が最も多く3割弱(28.6%)、次いで「」が、2割半ば超(27.9%)であった。

 

入会促進への取組

→「」が4割半ば(44.7%)

質問6

(質問4で「どちらかといえば入会したくない」又は「入会したくない」と回答した方のみ)

  あなたは、どのような取組があれば入会したいと思いますか。(あてはまるもの3つまで)

質問6  

  質問4で「」又は「」と回答した方を対象に、どのような取組があれば入会したいと思うか尋ねたところ、「」が最も多く4割半ば(44.7%)、次いで「」が3割半ば(34.9%)であった。

 

シルバー派遣業務について 

  これまで、シルバー人材センターでは、除草や清掃等の業務が中心でした。
  現在、様々なニーズに対応するため、経理や営業などの事務系の派遣先や、介護施設や保育所、スーパーなどの派遣先を新たに開拓し、シルバー人材センターから会員を一般の企業や職場に派遣する、新たな形での就業機会の拡大に取り組んでいます。
(シルバー派遣事業)

シルバー派遣で働きたい業務

→「」が4割弱(39.4%)   

質問7

  もし、あなたが60歳を過ぎてシルバー派遣事業を利用して働くとしたら、どのような業務で働きたいですか。(あてはまるもの3つまで) 

 

 

  質問7で、60歳を過ぎてシルバー派遣事業を利用して働くとしたら、どのような業務で働きたいか尋ねたところ、「」が最も多く4割弱(39.4%)、次いで、「」が1割半ば超(17.4%)であった。

 

希望する就業時間

→『

質問8

(質問7で「働きたくない」以外を回答した方のみ)

  もし、60歳を過ぎてシルバー派遣事業を利用して働くとしたら、あなたは、週に何時間程度働きたいと思いますか。

質問8 

  質問7で「働きたくない」以外を回答した方を対象に、週に何時間程度働きたいと思うか尋ねたところ、「」が3割強(33.4%)であった。また、「と、「」(17.7%)を合わせた『であった。

 

週20時間以上働きたくない理由

→「」が5割強(50.6%)

質問9

(質問8で「週20時間未満の範囲で働きたい」と回答した方のみ)

  あなたは、なぜ週20時間以上働きたくないと思いますか。(あてはまるもの2つまで)

 

  質問8で「週20時間未満の範囲で働きたい」と回答した方を対象に、その理由を尋ねたところ、「」が最も多く5割強(50.6%)、次いで、「」が5割強(50.1%)であった。

  

シルバー派遣業務の就業時間の拡大

→『

質問10

  あなたは、ご本人の希望に応じてシルバー派遣業務の就業時間が週20時間から週40時間まで拡大することは良いことだと思いますか。

 ※  ご本人が希望しなければ、週20時間以内のままでの就業も可能です。

 

  質問10で、ご本人の希望に応じてシルバー派遣業務の就業時間が週20時間から週40時間まで拡大することは良いことだと思うか尋ねたところ、「」(49.8%)と、「」(31.5%)を合わせた『であった。また、「」(3.1%)と、「」(4.0%)を合わせた『であった。

 

シルバー人材センターの活動について 

シルバー人材センターが取り組むべき活動

→「新たな仕事の開拓(事務や介護施設、保育所などへのシルバー派遣業務)」で6割強(61.6%)

質問11

  あなたは、シニアの活躍を推進するため、シルバー人材センターはこれからどのような活動に重点的に取り組むべきだと思いますか。(あてはまるもの3つまで)

 

 

  質問11で、シニアの活躍を推進するため、シルバー人材センターはこれからどのような活動に重点的に取り組むべきだと思うか尋ねたところ、「」が最も多く6割強(61.6%)、次いで「」が3割強(33.2%)であった。

 

自由意見

質問12

  シルバー人材センターに関するご意見やご要望がありましたら、ご自由にお書きください。

自由意見(PDF:580KB)

 

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 シニア活躍推進課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4854

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?