Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 産業 > 先端産業・次世代産業 > 農大跡地 北側産業用地における優先交渉事業者について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月25日

農大跡地 北側産業用地における優先交渉事業者について

 埼玉県では、農大跡地の北側産業用地への先端産業・次世代産業などの誘致に向け立地事業者を公募した結果、2事業者から応募がありました。

 7月20日に開催した外部有識者で構成する選定委員会では、AI・IoTの先進技術の活用等の「先端性・成長性」や、投資額・雇用者数・地域経済牽引事業計画の策定等の「経済活性化への貢献度」などの観点から審査しました。

 県では、選定委員会の審査結果を受けて、交渉順位について株式会社IHIを優先交渉事業者と選定しました。

 今後、事業者が策定する地域経済牽引事業計画と県が策定した鶴ヶ島ジャンクション周辺地域基本計画等の整合性を確認するなど、交渉を進めていきます。

選定結果の概要

1 優先交渉事業者

 ・事業者名 株式会社IHI

 ・所在地 東京都江東区豊洲3-1-1

 ・代表者 代表取締役社長 満岡 次郎

 ・提案概要

  世界の航空需要が増大する中で、アジアを代表する最先端の民間航空機エンジン事業の拠点とする。AI・IoT活用等によりスマートファクトリー化を目指す。

2 選定結果

 

応募事業者  評価点
(各委員の平均、満点は100点)
 選定結果
応募者A   57.5点  次点者
応募者B(株式会社IHI)   79.0点  優先交渉事業者

3 提案に対する主な評価意見

【応募者A】

・近年急速に成長している企業であり、今後の事業展開に期待ができる。

・提案事業の具体性が不十分であり、県内経済への波及効果も明らかでない面がある。

【応募者B(株式会社IHI)】

・本事業用地の立地特性を十分に生かし、投資を全て自己資金で賄う計画であり、確実な事業の実施が見込める。

・数年先までの受注を確保しており、将来的な生産見通しも実現の可能性が高い。

・雇用者数の増加や取引先企業の進出といった経済効果以外にも地域企業の底上げに貢献したいとする姿勢が評価できる。

4 優先交渉事業者選定委員会委員(敬称略)

・委員長 山口 宏樹(埼玉大学学長)

・委員 新井 順一(鶴ヶ島市副市長)

・委員 上西 伴浩(株式会社帝国データバンク営業推進部次長)

・委員 別所 正博(東洋大学情報連携学部准教授)

・委員 馬橋 隆紀(弁護士)

・委員 村上 清明(株式会社三菱総合研究所常務研究理事)

 

お問い合わせ

産業労働部 先端産業課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3935

ファックス:048-830-4816

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?