Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 就職 > キャリア教育 > 埼玉県海外インターンシップについて

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月6日

埼玉県海外インターンシップについて

 埼玉県では、学生の皆さんが海外でのインターンシップ体験を通じて、外国の文化、生活習慣や価値観の違いなどについて理解を深めることで、グローバルな視点を養い、将来、国内外で活躍できる人材となっていただきたいと考えています。
 このため、県内企業の御協力により、夏休みを利用した海外インターンシップを実施しています。

平成30年度募集情報

  平成30年度海外インターンシップの募集情報は以下のとおりです(募集は終了しました。)。

応募資格

  • 埼玉県内の大学・大学院・短期大学に在籍されている方、又は埼玉県内在住で、大学・大学院・短期大学に在籍されている方(外国人留学生の方は除く)。
  • 過去に公的機関から経費の助成を受けて、同様の海外インターンシッププログラムに参加した経験がない方。

募集定員

 26人

募集期間・スケジュール

 1.募集期間
    募集期間:平成30年5月1日(火曜日)~5月31日(木曜日)

 2.スケジュール
     5月1日~5月31日 インターンシップ参加学生募集
     6月上旬~下旬  選考(書類選考、面接*)
        *面接の日程は本人に連絡します。(面接を実施しない場合もあります。)
     7月上旬  県による決定者への説明会 場所:埼玉県庁(さいたま市浦和区)
              (別日程で企業からもインターンシップの説明があります。)
     8月~9月  インターンシップ実施
     11月(予定)  帰国報告会

 

実習期間

 平成30年8月~9月のうち2~3週間程度。(実習企業によって異なります。)

補助金

 インターンシップ参加学生に対し、補助対象経費の半額(上限20万円)を県が補助します。

 補助対象経費は、往復航空運賃、入国査証料、海外旅行保険料、予防接種料、現地宿泊料、実習企業が指定する資料代です。なお、食費、国内の交通費等は補助対象外です。

実習先の希望について

  • 第1希望から第3希望まで記入できます。
  • 第1希望先の企業を優先して選考します。第2希望以下の企業については、それぞれの企業の第1希望者の中で該当者が無かった場合、選考の対象となります。

実習企業の募集情報

 企業名をクリックしていただきますと、詳細な募集情報をご覧いただけます。 

 

企業名(募集情報)

業種

派遣先

受入人数

備考
1

アルバック成膜(株)(PDF:152KB)

半導体及びテ゛イスフ゜レイ用マスクフ゛ランクス製造

台湾

1名(文系、理系いずれも可)  
2 (株)オカモト(PDF:83KB) 精密部品加工販売(金属・樹脂) ヴィンエン(ベトナム)

4名(文系、理系いずれも可)

 
3 (株)学研スタディエ(PDF:77KB) 学習塾 シンガポール

2名(文系、理系いずれも可)

 
4 カネパッケージ(株)(PDF:68KB) 梱包材製造 ラグナ(フィリピン)

1名(文系、理系いずれも可)

 
5

カルソニックカンセイ(株)(PDF:93KB)

自動車部品製造 上海(中国) 1名(理系)   
6 サンケン電気(株)(PDF:38KB) 半導体製造 ミネソタ(アメリカ)

2名(理系)

 
7 (株)JTB(PDF:64KB) 旅行業 バンクーバー(カナダ) 8名(文系、理系いずれも可)  
8 (株)西武ホールディングス(PDF:119KB) ホテル運営 ハワイ(アメリカ)

2名(文系、理系いずれも可)

 
9 (株)ノムラ化成(PDF:54KB) 冷蔵庫部品など押出成形品製造 タイ(バンコク)

2名(文系、理系いずれも可)

 
10 富士電機(株)(PDF:26KB)  パワーエレクトロニクス製品等製造 タイ(バンコク)

2名(理系)

 
11 (株)マコト軽金属(PDF:90KB) 金属加工部品製造 セブ(フィリピン)

1名(文系、理系いずれも可)

 

※ 平成30年度募集リーフレットはこちら(PDF:414KB)です。
29年度参加者28年度参加者の報告書もご覧いただけますので参考にしてください。

応募方法

  1. 応募書類と提出方法

  所定の申込書(兼推薦書)に必要事項を記入し、埼玉県産業労働部産業人材育成課宛に、
  電子メールにて提出(所属大学の推薦が必要です)。

  申込書兼推薦書(エクセル:18KB)

  2. 提出先メールアドレス

   a4590-01@pref.saitama.lg.jp (件名を「海外インターンシップ申込」としてください。)

 ※ メール受信から2営業日以内に受信確認メールをお送りします。
 届かない場合は御連絡ください。

  3. 留意事項

  • 申込書は電子データで作成してください。
  • 例年、県からのメール連絡(面接日程の確認等)にお返事をいただけないケースが目立ちます。数日間、返信がない場合、辞退とみなす場合がありますので、こまめにメールの受信確認をしてください。
  • 面接や説明会、報告会の指定日は、参加できるように優先して調整をしてください。
  • 申込学生の皆さんに、県から個別に申込内容について確認をする場合があります。
  • 旅券の手配、海外旅行保険への加入は、必ず決定通知の後、企業・県からの指示があってから手続をしてください。

よくある質問

Q1 旅券(パスポート)を持っていなくても、応募できますか。

申込できます。インターンシップ決定後に発給手続きを行ってください。
なお、パスポートの発給には一定の期間が要されます。航空券の手配等で必要となる場合もありますので、十分、注意してください。

Q2 現在、海外に留学中ですが、申し込めますか。

申し込み可能ですが、次の事項に留意してください。
・帰国日(留学が終了して日本に帰国する日)を必ず記載してください。
・面接の特例措置(インターネットを介した面接等)の可否については受入企業側の意向もありますので、個別に調整することとなります。
・申し込み後、直接、御本人に問い合わせをすることがあります。確実に御本人に連絡できる連絡先を記入してください。
なお、日本に留学している外国人の方は本事業の対象となりません。

Q3 インターンシップ参加後に、数日観光して帰りたいです。

認められません。
万一事故があった場合、御協力いただいた企業に多大な御迷惑をかけることとなります。「インターンシップ参加前」も同様です。
なお、実習期間中の休日における観光は自由ですが、万一に備えて、実習企業と確実に連絡を取れる手段を準備しておくなど、十分に気を付けて行動してください。

Q4 事故にあうのが不安です。

受入企業にはインターンシップ生の皆さんの安全に十分に配慮をしていただきますが、インターンシップに参加する皆さんも必ず、治療・救援費用無制限タイプの海外旅行保険に加入していただきます。(保険加入料も補助対象経費になります。)

Q5 推薦者の基準はありますか。

推薦者は所属する学校の教員もしくは事務局職員としてください。
推薦者には学生の受入可否等の御連絡します。

Q6 補助金申請の手続きが不安です。

インターンシップ生決定後、補助金申請に関する説明会を開きます。(7月上旬を予定)
参加可否の連絡時に日程を併せて通知します。 

Q7 費用はどのくらいかかりますか。

渡航先、期間、為替レート等により異なります。参考までに、29年度の補助対象経費は、アジア方面は約6~19万円、カナダ・アメリカ方面は約32~42万円でした(このうち半額(上限20万円)を県が補助しました。)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 産業人材育成課 委託訓練・連携推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4607

ファックス:048-830-4853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?