Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 女性活躍推進 > 埼玉版ウーマノミクスプロジェクト > 働きやすい環境を整える > ホシザキ北関東株式会社(男性の育児休業取得企業事例)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月28日

ホシザキ北関東株式会社ー徹底した個別説明で育児休業取得が大幅に増加ー
(男性の育児休業取得企業事例)

育児休業を取得するためのPOINT!

  • 「育児休業取得推進者」が各営業所をまわり、上司を交えて育児休業対象者と面談。
  • コツコツとした努力で育児休業取得者を増加させる。
    ホシザキ北関東画像01

育児休業取得に向けて、実施した“取組や工夫”

(1)「育児休業取得推進者」が育児休業対象者と直接面談 

  • 当社では今年度、女性が活躍できる環境づくりの1つとして男性の育児休業取得に力を注いで参りました。
  • 男性の中堅社員の1人を「育児休業取得推進者」に任命し、育児休業の対象者及び上司と面談を実施しました。
  • 面談では仕事と生活の両立の重要性や、周りの社員によるフォローが可能であることを説明し、その上で育児休業取得の手続きや、公的な制度や社内制度を説明してきました。
  • 育児休業取得対象者本人だけでなく、その上司を交えて面談を実施したことで、「育児休業を取得して本当に大丈夫だろうか?」という不安を取り除くことができ、取得者の増加へつながったと思います。

 (2)社内独自の育児休業奨励制度の導入

  • 育児休業取得の推進に向けて、会社で独自に奨励制度を導入しました。
  • 奨励制度の内容は、育児休業の連続5日間取得で「こども賞品券2万円分」、連続10日間取得で「子ども賞品券5万円分」というものです。子ども商品券は加盟店で使用することができ、おもちゃ・子ども用品・遊園地・飲食店等、幅広い用途で使用できます。
  • 個別面談の際にもこうした社内独自の制度を説明し、育児休業取得を促しました。 

(3)育児休業取得実績を社内で周知

  • 社内担当者の配置や面談、社内独自制度の導入などを行った結果、過去には1名(取得日数1日)だった男性育児休業取得者が13名まで増加し、10日以上の取得者も初めて出ました。
  • こうした取得実績を社内に周知する活動はこれからになります。
  • 若手社員を中心とした意見交換会や交流会の開催、また社内掲示板等を活用した育児休業取得事例の発信などを通じて、男性の育児休業取得が当たり前になる風土づくりを進めていきたいです。
    ホシザキ北関東画像02
     

取組や工夫の“効果” 

  • 育児休業推進に必要な社内環境の整備(担当者の配置、面談、制度整備など)。その結果、育児休業取得者が13名に増加。
  • 不足している取組の発見。不足している取組として事例の周知を展開予定。
    ホシザキ北関東画像04

 参加企業からのメッセージ

「男性の働き方見直し宣言」経営者のメッセージ

「今までの当り前を変えていきます」

以前は男性の育児休業取得はゼロでしたし、他企業も含めてそれが当たり前という現実がありました。

直近では、当社の男性社員の育児休業取得率は、約60パーセントと大きく前進してきております。男性社員も育児休業を取るのが当たり前の状態に近づいてきており、一歩前進することができました。

しかしながら、取り組むべき課題はたくさんあります。

それらをひとつひとつ解決していき、社員かいきいきと働ける風土づくりを進めていきます。仕事をするコバトン

 

育児休業取得者の声
  • 会社から育児休業の案内をされて、いつもは長時間会えない子どもとの時間を作り、育児に参加することで家族の負担を減らしたいと思い取得しました。
  • 平日は家にいない時間が長く、子どもが生まれてからも会えるのは週末だけでした。そんな中で2週間ほどの休みをもらい一緒に過ごすことができたことで、「たまに見るおじさん」ではなく「親」として見てもらえたことが喜びでした。また、育児に携われないストレス(家族の負担や自分の心持ち)が減ったこともありがたく思います。
  • 子どもの成長は早く、今見ることができる子どもの顔は一瞬で、その時間が得られるということは最高の幸せだと思います。難しい面もあるかと思いますが、チャンスがあるのであれば取得することをお勧めします。家族のコバトン

 

企業情報

企業名 ホシザキ北関東株式会社
業種 卸売業・小売業(業務用厨房機器の販売及びメンテナンス)
住所 さいたま市北区宮原町3丁目36番地
従業員数 491人(男性409人、女性82人)
URL http://www.hoshizaki-kitakanto.co.jp/

 

※掲載情報は平成29年2月現在のものです。

 

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?