Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 計画・施策 > 埼玉版ウーマノミクスプロジェクト > 働きやすい環境を整える > 株式会社リハビリホーム一歩(男性の育児休業取得企業事例)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月28日

株式会社リハビリホーム一歩 ー社内規程に男性の育児休業推進を明記ー
(男性の育児休業取得企業事例)

育児休業を取得するためのPOINT!

  • 社内規程で方針を明文化し社内外に周知。 
  • 育児休業を一定期間有給にし、経済的な不安を解消。
    リハビリホーム一歩写真01

育児休業取得に向けて、実施した“取組や工夫”

(1) 社内規程に男性の育児休業推進を明記

  • 当社では、女性も男性も誰もが働きやすい環境づくりを進めてきました。これまで育児休業については対象となる世代が少なく取得はほぼありませんでしたが、若手の従業員が結婚や子育てをする世代になり、男性従業員から育児休業を取得したいという相談もあり、育児休業の取得を推進することにしました。
  • 男性の育児休業を推進するにはどうすればよいか検討する中で、埼玉県の「仕事と育児の両立サポート事業」を知り、申込みをしたことで、取組を進めることができました。
  • 男性の育児休業を推進する姿勢を明確にするために、社内規程で「仕事と育児の両立をサポートしていくために、男性の育児休業の取得を進めていく」ことを明示しました。
  • また、10日間までの育児休業について有給扱いとし、経済的な不安から育児休業をためらうことの多い男性が取得しやすいようにしました。

 (2)社内会議や連絡ノートを活用して育児休業取得事例を周知

  • 今回初めて男性の育児休業取得者が出たので、この流れが続くような取組をしていきます。
  • 他の従業員にも育児休業を身近に感じてもらうために、社員が集まる会議の場や、皆が目を通す連絡ノートに育児休業取得の実績を周知しました。
  • 育児休業の対象となる従業員は現在はいませんが、理解を深めてもらうきっかけになると思います。
  • さらに、日頃から家庭や子育てのことを含めて声を掛けあい、コミュニケーションがとりやすく相談しやすい環境づくりも進めています。

(3)女性も男性も誰もが働きやすい環境づくり

  • 介護・保育事業を行う会社なので、女性の従業員が多く働いています。これまでも、子育てしながら働きやすい企業づくりを目指し様々な取組を行ってきました。
  • 例えば、運営している保育所は従業員の企業内保育所としても利用可能としています。保育所を整備しているリハビリ施設は、「子どもから高齢者までが一緒の生活を通して、イキイキと生活していくこと」を理念としており、地域の子どもや従業員の子どもの近くで、施設に通う高齢者の方々が過ごす多世代交流の場になっています。
  • 埼玉県の「仕事と育児の両立サポート事業」のアドバイザー派遣を受けて、子育て中の女性従業員への業務分担など具体的な話をアドバイスいただきましたので、これまで以上に誰もが働きやすい環境づくりを進めていきます。
    リハビリホーム一歩写真02

取組や工夫の“効果” 

  • 社内規程を通じて男性の育児休業取得を推進する姿勢を強く発信することができた。
  • アドバイザーからのアドバイスをもとに、より一層社内のコミュニケーションを大切にするようになった。 
    リハビリホーム一歩写真03

 参加企業からのメッセージ

「男性の働き方見直し宣言」経営者のメッセージ

男性は、女性と比べると、どうしても親としての実感を持つことが遅いと言われます。また、育児に対して積極的に参加するというよりは、母親の手伝いといった感が拭えません。そういった中で、普段でもなかなかない10連休を取り、そこでどっぷりと子育てに携われることで、親としての実感を持ちやすくなるのと同時に、母親の大変さを一緒に体験することで、その後の子育てに対する気持ちがお手伝い感覚ではなくなるのではないかと考えております。

育児休業というと、女性への直接的なアプローチばかりに目が行きがちですが、男性の育児休業の取得の慣習化によって、子どもを育てやすい環境が整うと、少子化や人口減少といった日本全体を取り巻く問題にも、好影響をもたらすのではないかと期待しております。仕事をするコバトン

 

育児休業取得者の声
  • 第二児の出産にあわせて育児休業を取得しました。
  • 長い期間、家族と一緒に過ごすことができ、よいコミュニケーションをとることができて良かったです。
  • 出産後は家庭が落ち着くまで時間が必要であり、妻一人では賄いきれないこともあるので、今回休みをいただけてとても助かりました。
  • これからも、もっと男性が育児休業を取りやすい社会になっていってほしいと思います。 家族のコバトン

 

企業情報

企業名 株式会社リハビリホーム一歩
業種 医療・福祉(介護・保育)
住所 上尾市二ツ宮824番地1
従業員数  42人(男性13人、女性29人)
URL  http://reha-ippo.net/

 

※掲載情報は平成29年2月現在のものです。

 

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?