Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月28日

株式会社科薬ー経営者と管理職を対象にセミナーを開催ー(男性の育児休業取得企業事例)

育児休業を取得するためのPOINT!

  • アドバイザーを招いて経営者と管理職を対象としたセミナーを開催
  • 制度は整備するだけでなく、周知が重要。
    科薬画像01

育児休業取得に向けて、実施した“取組や工夫”

(1)経営者や管理職を対象としたセミナーを開催 

  • 仕事と生活の両立については課題と感じていましたが、何から始めればよいか分からないと考えていました。そこで、年4回実施している管理職を対象とした管理職大会において、埼玉県の「仕事と育児の両立サポート事業」のアドバイザーを招いて、仕事と生活の両立をテーマにセミナーを開催しました。
  • セミナーでは、子育て世代を取り巻く環境の変化や育児休業取得に当たっての業務引継ぎ、復帰後の働き方、それを支える「イクボス」について等の話をいただきました。通常の管理職大会は各部署の実績報告などが多く、管理職の意識啓発を働きかける内容で行うことはほぼ初めてです。
  • 実際の育児休業取得経験を踏まえての話もあり、育児休業制度に理解が深まったとともに、子育て世代の上司に当たる管理職の意識改革につながりました。当日は経営者も参加したので、会社全体として仕事と生活の両立を重視する一歩になればと思っています。

科薬画像02 

セミナーの様子

 (2)育児休業取得時期を上司やチーム内で話し合って決定

  • 育児休業取得者が所属する部署は多忙であったため、業務に大きな支障が出ないよう、取得の時期は上司やチーム内でよく話し合い調整した上で決定しました。
  • 周囲の理解・協力にもつながり、また本人も休みやすくなったと思います。 

(3)育児休業取得を機に働きやすい環境づくりをより一層推進

  • 今回の育児休業取得を機に、埼玉県の「多様な働き方実践企業」認定制度のプラス評価をいただき、「プラチナプラス」認定となりました。
  • 制度は整備するだけではなく周知して活用してもらえるようにすることが重要であると気づきました。例えば、以前は利用者がいなかった子の看護休暇制度も、周知を続けたことで利用者が出始めました。
  • 今後は今回の育児休業取得実績を含め各種制度の周知を図ることで、制度を整備することで終わらせるのではなく、利用してもらえるような工夫を続けていきます。

取組や工夫の“効果” 

  • 経営者や管理職を含めたセミナー開催で社内の意識改革につながった。
  • 事と生活を両立する制度を周知することで利用につなげた。
    科薬画像03

 参加企業からのメッセージ

「男性の働き方見直し宣言」経営者のメッセージ

株式会社科薬は、会社の方向性として「社会に信頼され、働く人に生きがいのある企業を目指す」を掲げています。

この規範のもと、女性の就業環境を向上させるとともに、男性の仕事と家庭生活の両立支援に積極的に取り組み、今後の少子高齢化社会に向け、働き甲斐のある仕事と暮らしの両立職場を実現します。仕事をするコバトン

 

育児休業取得者の声
  • 家族のコバトン出産後の妻の復職を手助けしようと思い、育児休業を取得しました。
  • 何もできなかった子が一日一日確実に成長していく姿がみられたことや子どもが成長するにつれてなついてくれることなどを通じて、自分が父親だと実感でき、自分が子ども好きだったと気付かされたことが良かったです。
  • 育児休業期間は、大変なことも多かったけれど、それ以上に価値のあるものでした。一生にそう何度もあるものではないので、勇気をもって申請してみてください。

 

企業情報

企業名 株式会社科薬
業種 製造業(医薬品の製造)
住所 所沢市北野1-2-5
従業員数 138人(男性74人、女性64人)
URL http://www.kayaku.co.jp/

 

※掲載情報は平成29年2月現在のものです。

 

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?