Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月28日

AGS株式会社ー働き方見直しに向けて勤務間インターバルを導入ー(男性の育児休業取得企業事例)

育児休業取得による効果のPOINT!

  • 社内の課題を整理し管理職の意識啓発の重要性を認識。
  • 社内全体の働き方見直しに向けた取組に着手。
    AGS画像01
     

育児休業取得や働き方見直しに向けて、実施した“取組や工夫”

(1)管理職の意識改革のために、管理職向けセミナーや意見交換を実施 

  • 当社では、女性活躍の「制度」は整えられていますが、社員の「意識」が追い付いていないという課題がありました。特に、管理職層では、男性の育児休業やワークライフバランスは「他人事」と捉えているように見受けられました。
  • そこで、埼玉県の「仕事と育児の両立サポート事業」のアドバイザーを講師に迎え、グループ会社を含めた管理職を対象に「ワークライフバランスセミナー」を開催しました。セミナーでは、これからの管理職は自分も含めた部署全体のワークライフバランスを大切にしながら成果を出す「イクボス」が求められているといった話がありました。
  • 参加した管理職からは「ワークライフバランスへの意識が変わった」、「自分も今後、介護という課題に直面するので考えさせられた」、「自分の反省も踏まえ、部下の仕事と家庭の両立を気にかけたい」といった意見が聞かれました。
  • 管理職の意識改革を引き続き図るために、「働き方の見直し」をテーマに管理職と役員等との間で意見交換を行いました。意見交換の場で「働き方」に関する会社の方針を伝え、会社の考えを浸透させました。

 (2)ガイドラインの作成や取得体験記の広報により男性の育児休業取得を推進

  • 当社では一般事業主行動計画において、計画期間(3年間)内で「男性の育児休業取得者を3名以上とする」ことを目標にしています。
  • 引き続き男性の育児休業取得者が出るように、独自の「男性育休ガイドライン」を作成し社員に配布し、制度の周知に努めています。
  • また、今年度の育児休業取得者の体験記を社内広報に掲載するなどして積極的な啓蒙活動を行っています。
  • 男性の育児休業取得を推進することで、男性も含めた仕事と生活の両立を目指し、誰もが働きやすい環境を実現したいと考えています。

(3)一層の働き方見直しに向けて「勤務間インターバル制度」を導入 

  • 働き方見直しを一層進めていくために、前日の勤務終了から翌日の出社まで11時間空けるとする「勤務間インターバル制度」を導入しました。平成28年8月から12月までの5か月間の試行期間を経て、平成29年1月から本格的に開始しています。
  • ただし、仕事量そのものが変わらなければ働き方は変わらないと考えています。今後は、多能化や無駄の排除といった業務の効率化や、計画的な業務遂行による時間外勤務の削減などを進めていきます。

取組や工夫の“効果” 

  • これまで「他人事」と思われがちだったワークライフバランスが「自分事」として認識。
  • 働き方見直しに関する会社の方針が浸透。
    AGS画像02

 参加企業からのメッセージ

「男性の働き方見直し宣言」経営者のメッセージ

AGSグループは、社員が最も働きやすい会社となるために、全社一丸となって「働き方改革」に取り組み、残業時間の削減・有給休暇の積極的な取得を推進します。仕事をするコバトン 

 

 

育児休業取得者の声
  • 以前から子どもが産まれる時には妻のために何かしたいと漠然と思っていました。そんな時に会社が「男性の育児休業を積極的に推進する」と発表したことから「漠然とした思いが形にできる」という思いに繋がりました。
  • 育児のうち「ある部分の作業」だけを担うのではなく「全作業を一日中」担うことができました。そのため、出産前にぼんやりと思い描いていた「子育ては夫婦でするもの」という思いを形にすることができました。
  • 子どもと一日中一緒にいることで「今日は笑う時間が長いな」とか「身長が伸びた?首が強くなった?」などの「微細だが大きな成長」を逃さすに感じられたことが何より貴重な経験となりました。
  • 育児休業取得前に感じた不安として「生活費への不安」と「会社でのキャリアの不安」がありました。
  • 「生活費への不安」は計画的に貯金し育児休業期間に備えました。
  • 1年程度の「短期キャリア」については、在席時間が短くなることで成果を上げる時間が限られることに不安を感じました。しかし、結果として、その分やる気と集中力が増したように感じます。
  • 「長期キャリア」にも影響があるのではないかと不安がありましたが、仮に35年間会社に在籍するとすれば育児休業を取得した期間は限りなく短く、キャリアに影響しないと感じられるようになりました。
  • 育児休業取得を考えている方の悩みはさまざまだと思いますが、同じような悩みで躊躇している方がいたら参考にしていただければ幸いです。 家族のコバトン

 

企業情報

企業名  AGS株式会社
業種  情報通信業(情報処理サービス)
住所  さいたま市浦和区針ヶ谷4-3-25
従業員数  694人(男性516人、女性178人)
URL  http://www.ags.co.jp/

 

※掲載情報は平成29年2月現在のものです。

 

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?