Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 計画・施策 > 埼玉版ウーマノミクスプロジェクト > 働きやすい環境を整える > 株式会社かくの木(男性の育児休業取得企業事例)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月28日

株式会社かくの木ー男性の育児休業に対する意識が労使共に変化ー(男性の育児休業取得企業事例)

育児休業取得・復帰のPOINT!

  • 復帰後も働き続けられる多様な働き方を提案し、本人も納得できる形で復帰。
  • 男性の育児休業や多様な働き方を進め男性の育児休業を「当たり前」にしたことで、さっそく次の取得者につながった。
    かくの木画像01
     

育児休業の取得と復帰に向けて、実施した“取組や工夫”

(1)復帰後の働き方を本人と十分に相談 

  • 育児休業取得者本人から復帰後に仕事と育児を両立できるか不安であるという相談があったため、育児休業中に十分な時間をかけて復帰後の働き方について話し合いました。
  • 仕事と育児を両立し働き続けられるような働き方を会社からいくつか提案し、当面の期間、短時間・短日数での勤務を選択することにしました。
  • 事前に復帰後の働き方について十分に話し合い、本人と会社の折り合いがつくところで復帰の方法をまとめました。

 (2)男性の育児休業を「当たり前」という雰囲気に

  • 当社は女性従業員が多く女性の育児休業は当たり前という雰囲気でしたが、男性ではこれまで取得実績はありませんでした。
  • しかし男性従業員に話を聞くと、育児休業は取得していなくても有給休暇などで育児のために休んでいる人が多いことが分かりました。
  • 男性も女性も家庭や育児に時間を使ってほしいと考えていた際に、男性従業員から育児休業取得の相談がありました。人員の余裕はありませんでしたが、社内の理解や協力を得ながら取得を後押ししました。
  • 初めてということもあり思い切って推し進めましたが、結果として男性の育児休業取得が「特別なもの」ではなくなりました。
  • 埼玉県の「仕事と育児の両立サポート事業」のアドバイザーからも、今回の取得を特例として終わらせるのではなく次につなげる意識付けをしてほしいというアドバイスをいただき、社員が集まる全体連絡会などで改めて育児休業制度や事例の周知を図りました。
  • 結果として「男性が育児休業を取得する」ということへのハードルが下がり、さらにもう1名男性の育児休業取得者も出たので、引き続き意識付けを進めていきたいです。

(3) 個別に抱えていた仕事を共有できる体制づくり

  • 今回の育児休業取得を機に、育児休業取得者が抱えていた業務を他の人に担ってもらう必要が生じました。その際に業務の引継ぎに時間がかかった反省から、今後はスムーズに引継ぎができる体制を整えようという流れになりました。
  • 現在は業務マニュアルの整備が進んでいます。 

取組や工夫の“効果” 

  • 復帰前の働き方について十分に本人と会社で相談・調整したことで円滑な復帰が可能に。
  • 男性の育児休業を当たり前という雰囲気にすることで取得者が増加。 

かくの木画像02

男性育児休業取得者の体験記

 参加企業からのメッセージ

「男性の働き方見直し宣言」経営者のメッセージ

子どもを持ち育てることは人生の大事業。大変なことですが喜びもたくさんあります。女性だけの機会にするのはもったいない。お父さんの役割はたくさんあります。

当社では、これまで女性しか育児休業取得の希望は出ませんでしたが、双子の赤ちゃん誕生がきっかけとなり男性からも希望が出るようになりました。一時的には大きな負荷も出ますが、乗り越えるための協力が職場改善にも繋がります。育児にかかわる女性も男性も多くいるため、支えあいの大切さも広く共有しています。仕事をするコバトン

育児をする人たちにやさしい職場づくりが、多様なライフスタイルを受け止められる職場環境づくりにつながると思います。

 

 

 

育児休業取得者の声
  • 初めての子どもが双子ということで育児が大変になるだろうと思い、また自分も妻も家族が遠方であることなどから、自分の育児休業が必要であると判断し、育児休業を取得しました。
  • 育児休業を取得したおかげで、妻と家事や育児の分担をすることができました。
  • 仕事の面では、育児休業前は業務の引継ぎが大変であったり、育児休業中は保育園に入れるのかといった心理的な不安がありました。
  • それでも、日中の家事や夜泣きでの寝不足など、自分の親もこんなに頑張っていたのかと改めて思いを馳せることができました。
  • 育児は、性差による違いはあるかもしれませんが、できる人ができるときにできることをやる、に尽きると思います。
    かくの木画像03

 

企業情報

企業名  株式会社かくの木
業種  医療・福祉(調剤薬局、福祉用具販売、介護支援事業)
住所  新座市堀ノ内2-9-33
従業員数  54人(男性12人、女性42人)
URL  http://www.kakunoki.com

 

※掲載情報は平成29年2月現在のものです。

 

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?