Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月28日

株式会社ホソダー会社全体で協力・応援する雰囲気づくりー(男性の育児休業取得企業事例)

育児休業を取得するためのPOINT!

  • 子育て世代の男性従業員が多いという特徴を踏まえ、男性の育児休業取得を推進。
  • 経営者からの声掛けで育児休業を取得。全社員で協力・応援する雰囲気をつくる。
  • 個人単位の目標をグループ単位に変更し育児休業取得を促進。

    ホソダ写真01

育児休業取得に向けて、実施した“取組や工夫”

(1)経営者が両立支援を会社の方針と考え、経営者からの声掛けで育児休業を取得

  • 子育て世代の男性が多く働いている会社ですが、特に繁忙期などは家庭での時間が十分に取れない従業員も多い状況でした。
  • そうした状況の中、従業員にもっと家庭に目を向けてほしい、家事や育児に関わってほしいと経営者が考え、会社の方針として仕事と家庭の両立を強く進めていくことになりました。
  • 若手(子育て世代)の男性が多いという会社の特徴を踏まえ、この世代の「仕事と家庭の両立」を強く進めるにはどうすればよいか検討し、男性の育児休業取得を推進することになりました。
  • しかし、若い世代が自ら育児休業を申し出ることは難しいと考え、子どもが生まれる予定の男性従業員に育児休業の取得を勧めた結果、取得することになりました。

 (2)目標設定を変えることで休みやすい雰囲気を醸成

  • 当社ではこれまで、達成すべき目標を個人単位で設定していました。仕事が属人化し、休むことをためらうことにつながっていた可能性があります。
  • そこで、これまで個人に設定していた目標をグループ単位での目標に変更し、グループ間で協力し合ったり、休んだ人の分の仕事を周囲がカバーできるように体制を変えることにしました。
  • 今回の育児休業取得にあたっては、取得者本人の売上目標や担当業務の調整を取得者が所属する部門長と会社で話し合い、本人も周囲も納得して育児休業に入れるようにしました。

(3)会議の場などで周知し、グループだけでなく会社全体の理解と協力につなげる

  • 育児休業を促したり休みを取りやすい体制にしても周囲の理解や協力がなければ、本人も負い目を感じてしまいますし周囲も応援する雰囲気になりません。そこで、今回が初の事例である男性の育児休業取得を応援する雰囲気の醸成に努めました。
  • まずは、経営者、人事担当者、育児休業取得者に加え取得者のグループメンバーも交えて、埼玉県の「仕事と育児の両立サポート事業」のアドバイザーと意見交換を行いました。アドバイザーからは、「育児休業の取得は会社にとって両立支援を経営戦略として位置付ける契機になる」、「子育て中の社員だけではなく皆の働き方見直しにつながる」という話がありました。また、グループ間のコミュニケーションを活発にすることで協力し合える雰囲気がつくれることも教えてもらいました。
  • さらに、全社員が集まる会議の場で男性の育児休業取得を推進するという方針を伝えました。その際は「子育て世代や男性社員が多いという自社の特性を踏まえてこの方針を決定した」と説明した上で該当者を紹介し、該当する部署だけではなく会社全体の理解や協力をお願いしました。
  • 全体への伝達事項は通知で済ますことも多いですが、書類の通知ではなく社員全員がいる場で伝えることで、会社全体が取得者を応援する雰囲気で送り出すことができました。
     

取組や工夫の“効果” 

  • 男性の育児休業取得を会社の方針としたことで、初の男性育児休業取得につながる。
  • グループや会社全体で働き方の方針を共有し理解や協力を促したことで会社全体で応援する雰囲気を醸成。
    ホソダ写真03

 参加企業からのメッセージ

「男性の働き方見直し宣言」経営者のメッセージ

当社の社員は若くて子育て世代が多いのが特徴です。また年間の繁忙期は不定期な休みになるため、家庭での時間を十分にとれない社員もいるようです。

このような状況の中で会社が率先して育児休業取得の推進を図ることは、社員が家族との時間共有を増やし子育てに取り組むことの楽しさを感じるために不可欠だと思います。仕事と生活とのバランスは社員のより充実した生活へつながるからです。

今回、県の「仕事と育児の両立サポート事業」に参加したことで当社でも社員のワークライフバランスについて見直す機会となり、貴重な体験をさせていただきました。育児休業を取得した本人も家族の尊さや職場での上司や同僚との絆を改めて感じたのではないかと思います。仕事をするコバトン

今後も、社員には子育てができる貴重な時間を積極的に取得してもらい、是非楽しんでもらいたいと考えております。

 

育児休業取得者の声
  • 会社から育児休業を取得しないかという話をもらい、取得することになりました。
  • とても充実した時間を過ごさせてもらい会社に感謝するとともに、休んだことで部署の力になれなかった期間があり申し訳ないとも感じました。
  • 育児休業を取得したことで感じた子育ての大変さや子どもと過ごす時間の楽しみを忘れずに、日々夫婦ともに精進していきたいです。 

ホソダ写真02

 

企業情報

企業名  株式会社ホソダ
業種  卸売業・小売業(農業機械卸・小売業)
住所  春日部市八丁目1593
従業員数  34人(男性27人、女性7人)
URL  http://www.hosoda-nouki.com/

 

※掲載情報は平成29年2月現在のものです。

 

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?