Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月17日

女性活躍★応援ブログ ~埼玉版ウーマノミクスプロジェクト~

8月17日木曜日 越谷青年会議所で「越谷イクボス~今リーダーに求められるもの」を開催!

埼玉県では、女性就業者が少ない建設業、運輸業などの業界や、技術職、営業職などの職種において、女性の活躍の場を広げるため、女性従業員の職域拡大、職場定着につながる取組を推進しています。

経済団体や業界団体と連携し、意識啓発や業界・業種のイメージアップのため、共催でセミナー等を実施しています。

その一環として、8月4日に越谷青年会議所において、越谷JC青経塾「越谷イクボス~今リーダーに求められるもの」と題したセミナーを開催しました。

 

 

講師にNPO法人ファザ―リング・ジャパン代表理事の安藤哲也さんをお招きし、「中小企業にできる働き方改革」についてご講演いただきました。

 

講演では、生産年齢人口の減少などの社会変化に付随して生産性の高い働き方が求められてくること、ワークライフバランスを大切にした働き方改革は上司の覚悟が必要であることなどをお話しいただきました。

 

 

最後に参加者約50名が「イクボス」宣言を行い、お開きとなりました。

 

(※イクボス:部下の仕事と家庭の両立を応援しながら組織の成果を出す経営者や管理職のこと。)

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

8月15日火曜日 「理科大好き!集まれ未来のリケジョたち」を開催しました!

8月4日に「理科大好き!集まれ未来のリケジョたち」を女子児童向けに開催しました。

 

第一部は、先輩からのお話として、曙ブレーキ工業(株)の丸田早紀さん、野尻菜生さん、大正製薬(株)の本臼美依里さんに現在の仕事内容や理系に進んだきっかけなどについてご講演いただきました。3名の先輩方は、「色々な経験をして、自分が興味を持てることを見つけてほしい」と参加者にメッセージを贈りました。

 曙ブレーキの講演の様子 大正製薬講演の様子

第二部は、協力企業によるプログラム体験を実施しました。

曙ブレーキ工業(株)のプログラム「音を自分でつくったり、目で見えるようにしてみよう!」では、板の上の砂が音の振動により様々模様に変化する様子をみんなでスケッチしたり、水の入ったグラスをこすって振動を与え、音を出す体験をしました。

音により変化する模様に、児童たちは興味津々!大いに盛り上がりました。

曙ブレーキ体験プログラムの様子

大正製薬(株)のプログラム「からだの中で飲み物が変身!?」では、体の中で食べ物や飲み物がどのように変化するのかを学んだあと、ドリンクの味に甘さ・苦さ・すっぱさの点数をつける研究員の体験をしました。

体の中で飲み物が変化して増える様子を酸と液体で再現する様子を見て、児童たちはとても喜んでいました。

大正製薬体験プログラムの様子

この体験をきっかけに、理系に興味を持つ児童が増え、将来「リケジョ」として活躍する女性が増えると嬉しいです!

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

8月10日木曜日 女性がいきいき働く職場見学・体験会を実施しました

7月27日に、小学4年生~6年生の女子児童を対象とした「女性がいきいき働く職場見学・体験会」の情報通信業編を実施しました。

 

さいたま市のAGS株式会社様に御協力いただき、若手女性社員によるIT業界や入社のきっかけ等についての講演やプログラミング体験を行いました。

 

プログラミング体験では、用意された命令ブロックを組み合わせてプログラミングを行う「Scratch(スクラッチ)」というソフトウェアを使って、ネコのキャラクターを歩かせたり走らせたりする体験を行いました。

 

最後には、ネコが次々と出てくるハードルを飛び越しながら100メートルを何秒で走れるか計ることができるゲームづくりにチャレンジ!見事、参加者全員がゲーム完成を達成することができました。

 

日本の情報サービス産業では、IT人材の4分の1を女性が占めるなど、女性が活躍している業界ですが、今後のIT業界の拡大に伴い、優秀な人材が求められています。

 

今回の体験をきっかけに、一人でも多くの女子児童がITや関係する様々な職種に興味を深め、将来の選択の幅を広げていっていただきたいと思います。

体験の様子

8月8日火曜日 女性管理職のための交流会を開催しました

ウーマノミクス課では、7月26日に「女性管理職のための交流会」を開催しました。

 

第一部は、「女性リーダーに是非とも認識してほしいこと」と題して、埼玉県経営者協会の根岸茂文専務理事にリーダーに求められるスキルや人間像、マネジメントの極意などについてご講演いただきました。

「『働くことの素晴らしさ』について改めて考える」「座って悩むな、動いて考える」などの熱いメッセージに、参加された約60名の女性管理職の皆さんは真剣な表情で耳を傾けていました。

 

第二部の交流会では、参加者がいくつかのグループに分かれて「上司・部下の関係で困っていることは?」「リーダーに求められることは?」などのテーマで意見交換を行いました。社外の女性管理職同士だからこそできる「本音トーク」で、会場は大いに盛り上がりました。

 

最後に「明日から実践すること」をそれぞれが宣言し、1週間後に実践結果を参加者同士でメールで報告し合うことを約束し、交流会はお開きとなりました。

 

アンケートでは、「みんな、同じような苦労をしていることを実感して励みになった」「女性管理職ならではの悩みや課題を解決するヒントを見つけられた」などの声が寄せられました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。更なるご活躍を応援しています!

交流会の様子

8月3日木曜日 「テレワーク・デイ」

7月24日に総務省ほか、国の5機関が東京都及び経済界と連携し「テレワーク・デイ」を実施しました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは交通混雑が予想されることから、開会式に当たる7月24日をテレワーク・デイと位置づけて、テレワーク一斉実施を呼びかけました。

 

埼玉県では、奨励金の支給やセミナーの開催で県内企業のテレワーク導入をサポートしています。

テレワーク制度の導入や対象の拡大に取り組む企業に県からアドバイザーを派遣し、一定の効果が出た企業に奨励金(30万円)を支給しています。

(詳しくは、女性活躍のための働き方見直し支援事業のチラシ(PDF:1,337KB)をご覧ください。)

 

また、11月21日火曜日には、「テレワーク導入へのファーストステップ」と題したセミナーを開催します。

(詳しくは、働き方改革実践講座のチラシ(PDF:992KB)をご覧ください。)

テレワークの導入を検討されている県内企業の皆さま、是非ご活用ください。

8月1日火曜日 「ウーマンフェスタinららぽーと富士見」を開催しました

ウーマノミクス課では、今年度埼玉県内の6か所で「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」を楽しく学べるイベントを実施しています。

7月22日土曜日には、ららぽーと富士見で今年度2回目のウーマンフェスタを開催しました。

 

その開催の様子はこちら!!

パネル展示 ステージイベント

来場された皆さまは、女性の働き方の違いによる生涯賃金の差に興味津々。「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」に関するクイズをパネルを見ながら楽しく解いていました。

相談ブース

働きたい女性のための相談コーナーでは、多くの方からご相談をいただきました。

「子供がいるけど働きたい」「働きやすい職場を探したい」など人によって働き方の希望は様々です。一人ひとりの状況や希望に合ったアドバイスをさせていただきました。

 

次回のウーマンフェスタは、9月30日土曜日に西武鉄道所沢駅で開催予定です!お楽しみに♪

 

リンク

埼玉版ウーマノミクスサイト

埼玉版ウーマノミクスプロジェクトの取組の紹介や、いきいきと活躍している女性のロールモデルの掲載など女性活躍を応援するための役立つ情報を掲載しています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 ウーマノミクス課 推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?