ここから本文です。

掲載日:2018年6月15日

越谷市立平方中学校で「働くことを考える出前講座」を実施しました!

埼玉県では、平成29年度から県内の中学校で、

これから求められる男女の働き方や働くことについての意識付け、働き続ける意欲などを醸成するための講座を

実施しています。

6月11日(月曜日)に、越谷市立平方中学校で今年度第一回目の講座を実施しました。

 

全学年を対象に、企業でワークライフバランスを実践している方を迎え、

「将来について考えよう~社会で働く人に学ぶ」と題してパネルトークを行いました。

パネラーは、ポラテック株式会社の園部様とJR東日本の斉藤様に務めていただきました。

お二人は、「中学生の頃は将来の夢が漠然としていて毎日を過ごすことに精一杯だった。

しかし、その時学校行事や部活を一生懸命に努力できた経験が、今の仕事で辛い時も乗り越えられることに

つながっているので、将来に不安を抱かず、今を楽しんでほしい。」などとおっしゃっていました。

 

最後に中学生に対するメッセージとして、

園部様は「働く上で人との繋がりは重要。中学校生活を楽しみながら仲間との縁を大切にしてください。」、

斉藤様は「自分の武器(強み)を1つでも持っている人は魅力がある。これからそれぞれの武器を見つけてください。」

とおっしゃっていました。

 

生徒の皆さんは、お二人の話に熱心に耳を傾け、質問や感想コーナーでは元気に発言してくれました。

今回の講演をきっかけに、生徒の皆さんが仲間の大切さを再認識するとともに自分の強みを伸ばしていくことを

期待しています。

 
平方中2
 
 

2018年6月 ブログ一覧へ戻る