Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月27日

埼玉県障害者雇用優良事業所の紹介(第1号-第5号)

コバトン

埼玉県障害者雇用優良事業所に認証された企業を紹介したページです。

  1. 株式会社エム・エル・エス
  2. 株式会社西友サービス
  3. 東京ワックス株式会社
  4. 株式会社アドバンテストグリーン
  5. 株式会社シンフォニア東武  

 認証第1号  株式会社エム・エル・エス

株式会社エム・エル・エスの紹介

認証日

平成23年11月10日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

東松山市新郷83-1

障害者雇用率

62.09%

雇用障害者数

47人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  松屋フーズ東松山工場として稼働していた20年以上前に、知的障害のある方を雇用したことが最初。
  従業員として十分な働きができることから、以後積極的に雇用を進めています。

雇用継続への取組など

  当社最寄駅からの送迎車運行や福利厚生施設(休憩スペース、レクリエーション活用)など、障害者が働きやすい環境を整備しています。

  また、市の障害者就労支援センターと連携して定期的に従業員相談を行っているほか、産業医の訪問指導など従業員の心と体のケアに努めています。
  現場では障害者が活躍出来るように作業を細分化しています。

  主に特別支援学校を中心に職場見学や職場実習のコバトンの判子受け入れをしています。
  ※当社ホームページ https://www.matsuyafoods.co.jp/mls/

 認証第2号  株式会社西友サービス

株式会社西友サービスの紹介

認証日

平成23年11月10日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

川越市宮元町23-1

障害者雇用率

122.1%

雇用障害者数

87人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  当社では、真のノーマライゼーションを達成すべく、障がいを持つ人と持たない人が協力し合って働ける環境を整備し、新しい職業能力の開発を通じて自立に挑戦し、現場で分け隔てなく共存している会社です。

雇用継続への取組など

  段差のないフロアなど設備面の整備はもとより、定期的に保護者面談や社長面談を実施しているほか、国や県が設置している各障害者就労支援機関と連携するなど、きめ細やかなサポートを行っています。

  支援員は生活相談員の資格を有し、一人ひとりの適性の把握に努めて専門性の高い人材育成を行っています。

コバトンの判子  また、社内見学や職場実習を積極的に受け入れています。

ページの先頭へ戻る

 認証第3号  東京ワックス株式会社

東京ワックス株式会社の紹介

認定日

平成23年12月5日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

深谷市上野台2920

障害者雇用率

6.57%

雇用障害者数

23人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  当社ではビルメンテナンスという業務内容から障害者にも適した仕事が多くあると考え、仕事の創出と雇用の拡大に努めてきた。
  障害者の雇用の安定に寄与したとして平成8年に労働大臣表彰を授与されて以降、継続して法定雇用率を上回る水準を維持している。

雇用継続への取組など

  障害者職業生活相談員資格認定講習修了者4人によるきめ細やかなケアを行っている。
  障害のある従業員の適性に十分目を向け、その職務内容や通勤等に配慮し、職場定着に取り組んでいる。

コバトンの判子

  障害者雇用を拡大するために平成24年1月に設立した子会社が、同年7月に特例子会社の認定を受けている。

  ※当社ホームページ  http://www.tokyowax.com

ページの先頭へ戻る

 認証第4号  株式会社アドバンテストグリーン

株式会社アドバンテストグリーンの紹介

認証日

平成23年12月20日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

加須市新利根1-5

障害者雇用率

71.03%

雇用障害者数

22人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  当社ではCSR(企業の社会的責任)に基づき、地域に密着した業務や雇用の促進に取り組む際、障害者が働ける場を提供できると考え、障害者雇用を進めている。

雇用継続への取組など

  日常的な労務管理だけでなく、定期的に4者面談(本人・保護者・職場担当者・管理部門)を実施することで、本人の現状の課題や今後の目標について情報を共有化している。
  また、社内における認定会、社外の技術講習会の受講を積極的に行うことで、業務のスキルアップを図ったり、会社見学に来られたお客様への業務説明や障害者の実習生の指導など、通常業務以外にも役割を与えることで本人のやりがいや自信、責任感やモチベーションの向上を図っている。

コバトンの判子

  一緒に働く従業員にも定期的に社内研修を実施し、障害者と一緒になって働くために必要な知識や配慮について学んでいる。また、障害者でも働けるように後補充方式、緑地地図、マニュアルなどの「みえる化」を進め、障害者の能力向上を図っている。

ページの先頭へ戻る

 認証第5号  株式会社シンフォニア東武

株式会社シンフォニア東武の紹介

認証日

平成24年1月12日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

春日部市梅田本町1-13-1

障害者雇用率

129.62%

雇用障害者数

51人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  東武鉄道株式会社(親会社)のCSR(企業の社会的責任、東武沿線地域への貢献)の一環として、障害者の雇用を重要な企業活動のひとつと考え、特に知的障害を持つ方々に就労の機会を提供し、仕事を通した自立支援を行うため、平成19年1月に当社が設立された。

  当社の企業活動は、沿線地域への貢献はもとより、障害者の働きやすい社会の実現を目的としている。

雇用継続への取組など

  企業理念〈〈伸びる・楽しむ・輝く〉〉及び教育・指導方針〈〈迷わせない・困らせない・不安にさせない〉〉のもとに運営しており、チーフ(指導者)とパートナー(知的障害者)に対しては、月1回の面談を実施している。
  施設・設備面では、使用する道具を色分けしたり、掲示物は大きな文字にしたり、ふりがなを付けるなどわかりやすいよう工夫している。コバトンの判子
  また、会議や打合せ等を通して県内各地の障害者就労支援機関との連携を深めているほか、職場見学の受入れや特別支援学校等の職場実習も積極的に行っている。

お問い合わせ

産業労働部 就業支援課 障害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4536

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?