Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月27日

埼玉県障害者雇用優良事業所の紹介(第6号-第10号)

コバトン

埼玉県障害者雇用優良事業所に認証された企業を紹介したページです。

   6.メディカル・ケア・サービス株式会社
   7.株式会社マーノ蕨事業所
   8.株式会社UACJグリーンネット
   9.株式会社スギヤマ
 10.三菱マテリアル株式会社人財開発センター

 認証第6号  メディカル・ケア・サービス株式会社

メディカル・ケア・サービス株式会社の紹介

認証日

平成24年2月1日(認証変更:平成29年4月1日)

所在地

さいたま市大宮区大成町1-212-3

障害者雇用率

2.36%

雇用障害者数

80人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  CSR推進と障害者の積極雇用推進のため、特例子会社「MCSハートフル株式会社」を設立するなど「地域社会に役立つ」ことを強く意識し、介護事業(高齢者福祉)と障害者雇用(障害者福祉)に対して、より積極的に関与することで、一人でも多くの人が働く喜びを実感できる会社を目指している。

雇用継続への取組など

  障害者職業生活相談員及びジョブコーチの下、各市の障害者就労支援センターや就業・生活支援センター等と連携して、働く障害者のきめ細やかなケアに努めている。
  MCSハートフルでは、精神保健福祉士を配置し、主に精神障害のある従業員のケアを行っている。社内レクレーションについては、春のお花見や、秋のバーベキュー大会、月例ボーリング大会の開催、特例子会社ティーボール交流会への参加など、定期的に懇親会を行っている。
  社員教育にも熱心に取り組み、清掃グループでは技能検定制度を設けるなど、社員のモチベーション向上を図っている。 

  職場見学、実習はMCSハートフルにおいて随時実施しています。お問い合わせは、下記ホームページからお願いします。 
  ※特例子会社ホームページ http://www.mcsg.co.jp/mcshf/

 

ページの先頭へ戻る

 認証第7号  株式会社マーノ蕨事務所

株式会社マーノ蕨事務所の紹介

認証日

平成24年2月7日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

蕨市中央3-22-30

障害者雇用率

85.11%

雇用障害者数

14人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  マーノは、“ノーマライゼーション”を通じて社会に貢献し、人と企業の共生を目指している。“マーノ”は「マルエツ」と「ノーマライゼーション」の2つの言葉から生まれた社名。

雇用継続への取組など

  生活相談員によるきめ細やかな健康管理や生活指導のほか、適宜個人面談を実施している。
  能力・技術向上のための教育を行うとともに、各人の業務取得状況を的確に把握し、適正な進捗管理と目標設定を実施している。コバトン判子
  職種が多岐に渡り、各人の適性に合わせた配置転換(ジョブローテーション)も行う。

  地域の各支援機関より職場見学及び職場実習を受け入れている。

ページの先頭へ戻る

 認証第8号  株式会社UACJグリーンネット

株式会社UACJグリーンネットの紹介

認証日

平成24年2月21日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

深谷市上野台1351

障害者雇用率

100.00%

雇用障害者数

28人(うち、深谷事業所 16名)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  株式会社UACJのCSR活動(企業の社会的責任、地域社会への貢献)の一環で、2007年に障害者雇用の会社として、埼玉県深谷市に設立され、同年5月には特例子会社として認定された。

  その後、深谷にて、徐々に事業範囲を拡大しつつ、2009年には栃木県小山市に、2015年には愛知県名古屋市に拠点を作り、現在、3事業所体制となっている。
  また、当社およびUACJ深谷製造所とその関係各会社は「深谷市UACJ障害福祉基金事業」を設立し、地域の障害者福祉施設の環境改善等も支援している。

雇用継続への取組など

  障害者個々人の特性にあった職場配置を心がけ、定期的に別の仕事を体験させるなど、モチベーションの維持、向上を図っている。
  普段から指導員(全員が職業生活相談員資格認定講習修了)とのコミュニケーションを重視したフォローを行っているほか、地域の支援センターや生活ホーム等と連携をとり、問題行動を未然に防ぐ体制を整えている。
  また、年数回の個別面談や少人数での食事会などを行い、日ごろから話しやすい雰囲気づくりに努めているほか、社員旅行、バーベキュー、ボーリング大会など年間を通して多くの社内イベントを行っている。
  なお、当社では年間を通して作業実習や委託訓練を数多く受け入れている。コバトンの判子のイラスト

  ※当社ホームページ http://ugn.uacj-group.com

ページの先頭へ戻る

 認証第9号  株式会社スギヤマ

株式会社スギヤマの紹介

認証日

平成24年3月8日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

日高市下大谷沢2-3

障害者雇用率

6.73%

雇用障害者数

6人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  当社では、野菜の卸売、カット加工などを行っており、障害の有無にかかわらず皆が協力し合って共に働ける職場環境を提供したいと考え、障害者の雇用を進めている。

雇用継続への取組など

  当初の目的どおり、障害の有無にかかわらず同じ生産ラインで作業を行い、全体の業務の中で無理のない作業スケジュールを考え、一人ひとりの適性を考慮して業務分担を行っている。コバトンの判子のイラスト
  地元の就労支援センター等の支援機関と連携をとり、職務内容や通勤などに配慮して、職場定着に取り組んでいる。

  ※当社ホームページ http://www.gobou.co.jp/

 

ページの先頭へ戻る

 認証第10号  三菱マテリアル株式会社人財開発センター

三菱マテリアル株式会社人財開発センターの紹介

認証日

平成24年3月8日(認証更新:平成29年4月1日)

所在地

さいたま市北区北袋町1-297

障害者雇用率

56.25%

雇用障害者数

11人

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  当初は、法定雇用率を達成することが障害者雇用のきっかけであり目的であったが、現在は、障害者雇用は企業の社会的責任であるという会社方針のもと、障害者雇用に取り組んでいる。

  障害者一人ひとりの能力と可能性を尊重した上で作業を通じて成長を促し、社会に貢献することを目的としている。

雇用継続への取組など

  事業所内には就業指導員を配置し、外部の就労支援機関との連携を密にしている。

  指導員にはジョブコーチ養成研修の受講を推奨するとともに、障害者職業生活指導員を配置している。
  特別支援学校からの実習生や職場見学の受け入れの他、埼玉県立職業能力開発センター主催の委託訓練を積極的に受け入れている。

  障害者のスキルアップを図り、様々な作業にチャレンジ・達成することにより、障害者自身のモチベーション維持・向上に繋げている。 

 ※当社ホームページ http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/

 

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

産業労働部 就業支援課 障害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4536

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?