Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 労働 > 職場のハラスメントの防止について > パワーハラスメントの防止について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年11月19日

パワーハラスメントの防止について

1 職場のパワーハラスメントとは

 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

2 パワーハラスメントの6類型~あなたの周りにありませんか?こんなパワハラ~

  1. 身体的な攻撃 … 蹴ったり、殴ったり、体に危害を加えるパワハラ
  2. 精神的な攻撃 … 侮辱、暴言など精神的な攻撃を加えるパワハラ
  3. 人間関係からの切り離し … 仲間外れや無視など個人を疎外するパワハラ
  4. 過大な要求 … 遂行不可能な業務を押し付けるパワハラ
  5. 過少な要求 … 能力・経験を著しく下回る仕事を命じたり、仕事を取り上げるパワハラ
  6. 個の侵害 … 個人のプライバシーを侵害するパワハラ

3 パワーハラスメントの防止のために

パワーハラスメント防止のための措置

パワーハラスメント防止のために事業主が講ずる措置としては、以下のものが挙げられます。

  1.  事業主の方針を明確化し、管理・監督者を含む労働者に対して周知・啓発すること
  2. 相談・苦情に応じ、適切に対応するために必要な体制を整備すること
  3. 相談等があった場合、事実関係を迅速かつ正確に確認し、被害者及び行為者に対して適正に対処するとともに、再発防止に向けた措置を講ずること
  4. 相談者や行為者等のプライバシーを保護し、相談したことや事実関係の確認に協力したこと等を理由と不利益な取扱いを行ってはならない旨を定め、労働者に周知・啓発すること

こうした取組を効果的なものにするためには、セクシュアルハラスメントや妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントの防止措置と一体的に取り組むことが重要です。

パワハラ対策支援セミナー2018[主催:公益財団法人21世紀職業財団(厚生労働省委託事業)]

 企業などにおいてパワーハラスメント予防・解決への取組を進めるために、「パワハラ対策取組支援セミナー」が全国47都道府県で開催されます。

※埼玉会場は終了しました。

 埼玉県会場(大宮ソニックシティ603会議室) 2018年7月3日(火曜日)13時30分~16時30分

詳細は以下のホームページをご覧ください。
パワハラ対策支援セミナー2018(公益財団法人21世紀職業財団)

パワハラ対策についての総合情報サイト

あかるい職場応援団-パワハラ裁判事例、他社の取り組みなどパワハラ対策についての総合情報サイト(厚生労働省)

4 相談窓口

 ハラスメントは、個人の問題ではなく会社の問題です。会社の人事労務などの相談担当者や信頼できる上司に相談しましょう。また、以下の窓口でも相談を受け付けています。

関連リンク

お問い合わせ

産業労働部 雇用労働課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4510

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?