Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月22日

地域資源

新着情報

2017年9月22日:埼玉県知事が地域産業資源を指定しました。

法律の概要について

中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律(=中小企業地域資源活用促進法)は、各地域の「強み」である地域の農林水産品、産地の技術、観光資源等の地域資源を活用して新商品開発等を行う中小企業を支援し、地域経済の活性化を図ることを目的としています。
※法律の詳細はこちらを御覧ください。法律(PDF:238KB)政令(PDF:125KB)省令(PDF:119KB)

地域資源とは

この法律で「地域資源」とは、農林水産物、鉱工業品・生産技術、観光資源を指します。
法律には次のように規定されています。(法第2条第2項参照)

  1. 地域の特産物として相当程度認識されている農林水産物又は鉱工業品
  2. 当該鉱工業品の生産技術
  3. 文化財、自然の風景地、温泉等の相当程度認識されている観光資源

(地域資源の一例)

神川の梨

(農林水産物)神川の梨

鳩ヶ谷ソース焼きうどん

(鉱工業品)鳩ケ谷ソース焼きうどん

川口鋳物

(鉱工業品)川口鋳物

松山城跡

(観光資源)松山城跡

忍城址

(観光資源)忍城址

妻沼聖天堂

(観光資源)妻沼聖天堂

法律では、都道府県知事が、具体的な「地域資源の名称」と、当該地域資源を活用した中小企業者による商品の生産や役務の提供を行うことが想定される「地域」を指定することになっています。

対象となる中小企業の範囲

この法律の対象となる「中小企業」は以下のとおりです。(法第2条第1項参照)

  1. 資本金の額又は出資の総額が三億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が三百人以下の会社及び個人であって、製造業、建設業、運輸業その他の業種に属する事業を主たる事業として営むもの
  2. 資本金の額又は出資の総額が一億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が百人以下の会社及び個人であって、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの
  3. 資本金の額又は出資の総額が五千万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が百人以下の会社及び個人であって、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの
  4. 資本金の額又は出資の総額が五千万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が五十人以下の会社及び個人であって、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの
  5. 資本金の額又は出資の総額がその業種ごとに政令で定める金額以下の会社並びに常時使用する従業員の数がその業種ごとに政令で定める数以下の会社及び個人であって、その政令で定める業種に属する事業を主たる事業として営むもの
  6. 企業組合
  7. 協業組合
  8. 事業協同組合、事業協同小組合、商工組合、協同組合連合会

上記のほか、政令の定めにより農業協同組合、農業協同組合連合会、商店街振興組合、商店街振興組合連合会などもここででいう中小企業に該当します。詳しくは政令等を御覧ください。

支援の対象となる取組

中小企業地域資源活用促進法では地域資源を活用した新商品開発等に対して、補助金等の支援策が用意されています。(支援策の詳細についてはこちらを御覧ください。関東経済産業局のホームページへ
支援策を受けるためには、都道府県知事が指定した地域産業資源を活用した事業計画を策定し、国の認定を受けることが必要となります。

地域資源スキーム

事業計画について

中小企業者が法に基づく支援策を受けるためには、地域産業資源活用事業に関する計画(=地域産業資源活用事業計画)を作成し、県を経由して主務大臣の認定を受ける必要があります。(法第6条参照)
地域産業資源活用事業計画には、次の事項を記載することになっています。

  1. 地域産業資源活用事業の目標
  2. 地域産業資源活用事業の内容及び実施期間
  3. 地域産業資源活用事業を実施するために必要な資金の額及びその調達方法

主務大臣は、提出された地域産業資源活用事業計画を、「地域産業資源の新たな視点の提示」、「需要開拓の可能性」、「計画の妥当性」の観点から審査し、適当と認められた場合、計画が認定されます。
事業計画の様式はこちらを御覧ください。(WORD形式)(ワード:135KB)

なお、計画を策定するに当たっては、ハンズオン支援(専門家による支援)を受けることができます。支援を希望される場合には、当課まで御相談ください。

県内でこれまでに認定された事業計画の概要はこちらを御覧ください。

  1. 「西川材を活用した親子の学習机&カヌー作体験事業」(PDF:265KB)
  2. 「和銅採掘遺跡及び和同開珎に関連する地域資源を活用した「ご利益ツアー」及び関連商品の開発」(PDF:254KB)
  3. 「「西川材」エコロジー住空間創造事業」(PDF:262KB)
  4. 「ハイクラス外国人観光客向けプレミアムツアー事業化」(PDF:40KB)
  5. 「スーパーライス「ミルキークイーン」を原料とした、新たな「草加せんべい」の提案」(PDF:30KB)
  6. 「野菜ソースを活用した和のピンチョスの事業化プロジェクト」(PDF:52KB)
  7. 「春日部桐箪笥の伝統技術をいかした『ファミリーメモリアル家具』づくり」(PDF:183KB)
  8. 「オリジナルやきとり丼セットの開発及び販売」(PDF:26KB)
  9. 「秩父銘仙の技術を活かした新市場開拓事業」(PDF:77KB)
  10. 「酒粕を乳酸発酵させた『ライスヨーグルト』の開発と販路開拓」(PDF:27KB)
  11. 地域皮革関連業者ネットワークを活用したハイクラスブランド・普及ブランド展開による地域活性化(PDF:196KB)
  12. 「埼玉県産米「彩のかがやき」を使用した米粉食品の開発販売」(PDF:153KB)
  13. 『小川酒蔵漬けの素』の開発と素を活用した小川町特産品開発販売プロジェクト(PDF:172KB)
  14. 「熱伝導性を活かした軽くて保温・保冷性が高い鍋などのアルミ鋳物キッチンウエアの開発と販売」(PDF:177KB)
  15. 「和モダン」をキーワードにした秩父ちぢみの特性と秩父銘仙の柄を融和させた新商品開発と販売(PDF:213KB)
  16. 秩父カエデ糖の特性を活かした新たな“カエデ糖”商品の開発と販売(PDF:320KB)
  17. カセ染めによる藍色グラデーション技術とそれを活かした藍染商品の開発・販売(PDF:156KB)
  18. 麦わらと新素材を組み合わせた新たな機能性アウトドアファッション帽子の開発・製造・販売(PDF:226KB) 
  19. 埼玉県産大麦を使用し機能性成分βグルカンの濃縮加工技術を活用した新たな大麦食品の開発販売(PDF:248KB)
  20. 自社の清酒技術を活用した高級スパークリング清酒の商品開発並びに製造、販売(PDF:231KB)
  21. 西川材(杉・桧)の木材加工技術を活用したひとつぼキャビン事業(PDF:229KB)
  22. 産地を超えた足利・秩父の職人の連携による「銘仙」をテーマとしたアパレルブランドの創設及び「銘仙」の伝統的技法を活かした洋装分野での新商品開発・販路開拓事業(PDF:199KB)
  23. 関東地域の次世代の職人たちによる「Next Crafts Generation」ブランドの立ち上げとライフスタイル分野商品の開発・販売事業(川口市の錫製品)(PDF:194KB) 

関連リンク集

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 産業支援課 総務・地場産業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3775

ファックス:048-830-4813

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?