Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 産業 > 商業・サービス産業 > 商店街 > 商店街版防災ハンドブック作成業務委託企画提案募集

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月15日

商店街版防災ハンドブック作成業務委託企画提案募集

委託業務の概要

  商店街は、まちの経済活動を支える重要な役割を担っています。大規模地震等の災害によって商店街が被災すると地域住民の日々の生活にただちに影響が及び、復興への道のりが厳しいものとなることが懸念されます。

  東日本大震災、熊本地震等では商店街が大きな被害を受けたために住民の地域外・町外避難が長期化し、まちの疲弊につながった事例が多くみられます。

  そこで、次の災害に備えて、商店街の防災対策を推進することとし、その第一歩として商店街版防災ハンドブックを作成する事業を行います。


  本事業の受託者を選定するための企画提案を本要領のとおり募集します。

詳細は、以下のファイルを御覧ください。

(1)企画提案募集要領(PDF:320KB)

(2)仕様書(PDF:175KB)

(3)企画提案参加希望書【別紙様式1】(ワード:28KB)

(4)企画提案参加希望取下書【別紙様式2】(ワード:28KB)

(5)企画提案書【別紙様式3】(ワード:31KB)

(6)質問書【別紙様式4】(ワード:40KB)

1 委託業務の内容

冊子の作成

 「地域の核」である商店街が取り組むべき防災活動について、手軽に読むことのできる冊子を作成する。なお、作成に当たっては下記に留意すること。
(1) 平時の備え、発災時の対応、災害後の取組などに分けて整理すること。
(2) 個店と商店街、それぞれについての取組とすること。
(3) 防災活動が普段の商店街活動で果たす役割について紹介すること。
(4) 防災活動に取り組む際の行政の支援策等について紹介すること(行政の支援策等については、県が情報提供を行う)。
(5) 業務の実施に当たっては、県と協議の上行うこと。

 

2 応募資格

「企画提案募集要領」に定めるとおり、次の条件すべてを満たす法人格のある民間団体とします。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

(2)公募開始日から契約締結日までの期間に、埼玉県競争入札参加停止等措置要領の規定に基づく指名停止の措置を受けている者でないこと。

(3)会社更生法(平成14年法律第154号)又は民事再生法(平成11年第法律第225号)に基づく更生手続き又は再生手続きの開始の申し立てがなされている者でないこと。

(4)破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産手続開始の申し立てがなされている者でないこと。

(5)法人税、法人県民税、法人事業税、消費税及び地方消費税等納付すべき税金を滞納している者でないこと。

(6)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団、同条第6号に規定する暴力団員である役職員を有する団体並びにそれらの利益となる活動を行う者でないこと。

3 応募期限

平成29年9月6日(水曜日)まで(午後5時必着)

※応募には事前に別紙「企画提案参加希望書」の提出(平成29年8月31日(木曜日)午後5時必着)が必要です。また、募集内容等に関する質問は別紙「質問書」により受け付けます(平成29年9月4日(月曜日)午後5時まで)。

4 契約先候補の決定方法

応募資格等の要件審査を実施した上で、企画提案書に基づく書面審査を行い、総合的に審査した結果、総合点が最も高かった提案者を契約先候補として決定します。

※詳細は別紙「企画提案募集要領」を御覧ください。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 商業・サービス産業支援課 商業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3762

ファックス:048-830-4812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?