Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 産業 > 商業・サービス産業 > 生活サポート産業成長支援事業 > 埼玉発!生活をサポートするサービスの先進事例を紹介します(みかえり美人)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年11月30日

埼玉発!生活をサポートするサービスの先進事例を紹介します(みかえり美人)

コバトン

平成26年度生活サポート産業成長支援事業において、支援対象となった事例のなかで、特に成果を上げている取組を紹介します。

株式会社みかえり美人(寄居町:美容室)

支援事業内容

高齢者や身体の不自由な人に喜びを提供する福祉美容室を開設します。利用しやすいようスペースを確保しサービスを充実させた、福祉に特化した美容室です。

平成27年6月、株式会社みかえり美人が運営する完全バリアフリーの美容室「福祉美容室ウエルビ」がオープンしました。

「高齢者にも若い頃と同じように美容を楽しんでもらいたい」「高齢になった常連のお客さまのために」と始めた美容室は、高齢者や身体の不自由な人が来店しやすいよう、様々な工夫がされています。

 

車寄せ

店舗の入り口には屋根付の車寄せがあり、雨の日も濡れることなく店内に入ることができます

トイレ

広々としたトイレは車椅子のまま中に入れ、落ち着いた雰囲気

店内

バリアフリーで車いすでも来店しやすい店内

 

コバトン

 

施術が受けやすい多機能車椅子も用意。美容室の椅子のように座面が上下に動くほか、背もたれが水平近くまで倒れるので上半身を起こしている姿勢が困難な人も利用できます。

 

持ち運びできるシャンプー台は椅子や体勢に合わせた形で利用でき、様々なシーンに対応が可能です。また、美容室内だけではなく外に持ち出すこともできるため、出張美容にも活躍。個人のお宅や施設などでも気持ち良くシャンプーが受けられます。

同じく持ち運びできるドレッサーは、社長自らデザインしたもの。軽い素材で作られているので出張美容時も持参できます。

車椅子

多機能車椅子は肘かけが下げられ、別の椅子へ負担なく移動できます。シャンプー台は高さを下げて手や足を洗うことも可能です

ドレッサー

ドレッサーは木目のおしゃれな作りで、自宅などで施術を受ける時も美容室気分を味わえ、好評です

 

 

 

鏡の前にある洗面台は上下に動き洗面ボールの向きも変えられるため、前かがみでも、後ろに反った姿勢でもシャンプーが可能です。

洗面台

体調に合わせた楽な体勢でシャンプーが受けられます

 

寝ているような体勢がとれるシャンプー台で行われるヘッドスパは、頭部をどのように刺激したらどのように筋肉がほぐれるかが研究されていて、リラックス効果抜群です。洗面ボールにはクッションが付いており、安定して首を支えます。

ヘッドスパ

マッサージは思わず眠ってしまうほどの気持ちよさ

鏡の前で変わっていく自分を感じ、生き生きしてほしい」「美容が介護予防につながれば」そんな気持ちで施術を行っているウエルビ。高齢化が進む中で長期的視点に立ち、バリアフリーの店舗や訪問美容など、高齢者に選ばれる美容室づくりを行っています。

テラス

施術後は外のテラスでのんびり

 

サービス利用者の声

  • 足の不自由な私でも、入り口がスロープになっていて、店内も車椅子で移動できるスペースや移動式シャンプー台があるので安心です。(70代・AK様・深谷市)
  • 入り口が屋根付きなので、雨の日にも濡れません。(60代・ST様・寄居町)
  • 店内トイレもバリアフリーなので、車椅子の私でも安心して、パーマをかけたりカラーをしたり、時間のかかるメニューでも大丈夫。(70代・OF様・美里町)

今後の展望

新サービス開発に取り組む者として、今後の日本の福祉美容の発展は絶対必要な成長分野型新サービスと実感しております。設備投資と試作サービスの同時進行がなかなか困難でありました。まさに日本の福祉美容は始まったばかりのジャンルです。

今後、高齢化社会に向けて、ベッドに寝たままシャンプーができる専門的な技術を持ち介護や介助を行える福祉面も兼ね備えた福祉美容士、安全に安心して来店できる設備が整っている美容室が求められていると考えます。

長年馴染みのお客様も高齢化が進み、この様な美容室を望んでおられます。

同時に障害をお持ちの人も安心して周囲を気使うことなく、車椅子でも来店可能な店舗が必要と考えています。

今後の展望としまして、福祉美容サービスを生かし、実際に高年齢者や身体の不自由な人にサービスを提供して、安心・安全の福祉美容サービスを実施。そして、これらの美容設備機器を使用して、今後の日本における福祉美容サービスの技術開発、技術マニアルづくり、技術指導の確立と共に、たくさんの高齢者や身体の不自由な人に喜んでいただけるような、福祉美容のサービスづくりに役立てていきたいと思います。そして今後、介護福祉施設との連携により、マーケティング調査や利用者アンケート調査の開始。さらに、利用者にとって常に使いやすい施設へと改良を図っていくために、介護福祉施設担当者の見学会や、元気な高齢者(将来の顧客予備軍)によるモニター体験などを積極的に行い、データを蓄積しノウハウ化することで、今までに無い福祉美容特化型美容室のノウハウづくりで、今後の日本の高齢化社会に少しでも貢献したいと考えています。

連絡先

住所

寄居町桜沢3629-1

電話

048-581-8888

担当者

代表取締役 福島宏光

ホームページ

http://www.mikaeribijin.com/welbe/welbe.html

 

生活サポート産業とは?介護、福祉、健康、子育て、衣食住など県民の安心・安全や快適さの向上をサポートし、県民生活の質の向上に直結するサービスのこと。

生活サポート産業成長支援事業とは?上記の分野について、新サービスの事業計画を提案した事業者に対し、埼玉県産業振興公社のコーディネーターを中心に金融機関、経済団体などが連携支援を行います。事業計画に対するアドバイス、企業・大学等連携先とのマッチング、財務・IT・経営革新等に関する専門家派遣、資金調達の相談などを実施します。

お問い合わせ

産業労働部 商業・サービス産業支援課 総務・サービス産業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3755

ファックス:048-830-4812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?