Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 産業 > 映像関連産業 > 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」について

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月31日

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」について

 埼玉県では、次代を担う才能の発掘・育成と、新たな映像産業の発展への寄与を目的に、2004年から、世界に先駆けデジタルシネマにフォーカスした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」を開催しています。

映画祭2017の開催結果について

 7月15日(土曜日)から7月23日(日曜日)までの9日間、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」を開催しました。
 期間中は、日本をはじめ、ノルウェーや中国、イタリア、フランス、イスラエル、ハンガリーなど、世界各国から集まった全34作品のノミネート作品を上映・審査し、受賞作品を決定しました。
 その他にも、活躍が著しい本映画祭出身監督の原点である本映画祭での受賞作品、ノミネート作品の特集上映やVR作品の特別上映など、盛りだくさんのイベントを行い、盛況のうちに閉幕しました。 

受賞作品について

映画祭2017の最終日、23日(日曜日)に決定したコンペティション部門の受賞作品は以下のとおりです。

  • 長編部門・最優秀作品賞
    『愛せない息子』(ノルウェー)
    監督:アーリル・アンドレ―セン
  • 短編部門・最優秀作品賞
    『冬が燃えたら』(日本)
    監督:浅沼直也
  • アニメーション部門・最優秀作品賞
    『I think you're a little confused』(日本)
    監督:小川 育

その他の受賞作品は、公式HPで御確認ください。

http://www.skipcity-dcf.jp/news/press_release/20170723_02.html

 

 映画祭OP作品舞台挨拶 映画祭2017CL

  左:7月15日・映画『ANIMAを撃て!』舞台挨拶、 右:7月23日・クロージングセレモニー

 

関連する情報

 

お問い合わせ

産業労働部 商業・サービス産業支援課 映像コンテンツ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3734

ファックス:048-830-4812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?