Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > > 食の安全 > 放射能 > 放射性セシウムを含む稲わらを与えた肉用牛について

ここから本文です。

 

掲載日:2015年9月30日

放射性セシウムを含む稲わらを与えた肉用牛について

今般、福島県などの畜産農家が放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられた牛の肉が、すでに全国的に流通していることが判明しました。これまでに回収された牛肉を検査した結果、一部の牛肉から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されています。

現在、埼玉県では県内に流通していることが判明した放射性セシウムに汚染されている疑いのある牛肉について、食品関係事業者の方々にご協力をいただき流通調査を行っています。
暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された牛肉については、食品衛生法に基づき公表するとともに、消費者の不安を解消するため、販売・提供店名等の情報を公表し、汚染牛肉の回収促進及び家庭での消費防止に努めています。

厚生労働省は、現在測定されている数値の牛肉を数回食べたとしても、健康への影響が出るとは考えられないとしています。健康上の問題を過度に心配する必要はありませんので、冷静に対応していただきますようお願いします。

なお、健康への不安をお持ちの方は最寄りの保健所(開庁時間:平日8時30分~17時15分)にご相談ください。

県内で流通していた暫定規制値を超過した牛肉の販売状況(牛肉は9月末まで暫定規制値の経過措置が適用されます)

現在、新しい情報はありません。

流通調査結果

放射性物質に汚染された稲わらを給与された(疑いも含む。)牛の肉の流通調査結果については、次のとおりです。

掲載日

個体識別
番号

生産地

と畜日
場所

放射性セシウム
検査結果
(Bq/kg)

県内調査結果

入荷日

施設所在地
(業種)

入荷量
(kg)

販売・提供日

販売等状況

H24年9月13日

02460
-33084

宮城県

H23年4月6日
東京都

未実施

H23年4月14日

蕨市
(食肉販売)

37.9

H23年4月14日~
H23年4月20日

すべて販売済

H24年6月13日

12511
-64527

宮城県

H23年5月25日
宮城県

未実施

H23年7月8日

神川町
(飲食店)

18.3

H23年7月8日~
H23年7月15日

「焼肉」「煮込み」
として、すべて提供済

H24年5月30日

12181
-50501

宮城県

H23年4月18日
東京都

未実施

H23年4月28日

狭山市
(食肉販売)

19.2

H23年4月28日~
数日間

すべて販売済

H24年5月23日

12541
-97027

宮城県

H23年6月14日
宮城県

未実施

H23年7月1日

飯能市
(食肉販売)

60.6

H23年7月1日~
H23年7月18日

「焼肉用」として、
すべて販売済

H24年5月1日

12518
-84906



H23年3月29日
東京都

未実施

H23年4月6日

日高市
(飲食店)

15.7

H23年4月29日~
H23年5月5日

「ビーフカレー」
「ビーフシチュー」として、
すべて提供済

08363
-57828

H23年3月29日
宮城県

H23年4月8日

飯能市
(食肉販売)

61.8

H23年4月8日~
H23年4月22日

「焼肉用」として、
すべて販売済

08378
-22134

H23年6月8日
東京都

H23年6月20日

川口市
(食肉販売)

24.0

H23年6月20日~
H23年6月22日

すべて販売済

12503
-25790

H23年6月14日
宮城県

H23年7月23日

所沢市
(飲食店)

4.3

H23年7月23日~
H23年7月28日

「焼肉用」として、
すべて提供済

H23年7月28日

4.2

H23年7月28日~
H23年8月2日

12430
-75732

H23年7月12日
宮城県

H23年8月12日

9.5

H23年8月12日~
H23年8月20日

これまでの報道発表資料

参考情報

健康への影響を心配されている方へ

本県で、これまでに検出された放射性セシウム最大値1,568ベクレル/kgの牛肉を200g食べた場合の人体への影響は、約0.005ミリシーベルトとなります。この肉を数回食べても、1年間に一般の人が受けても良い線量限度(1ミリシーベルト)より低く、体への影響は心配ありません。

(参考)人体への影響の試算(食品安全委員会「放射性物質を含む稲ワラを給与された可能性がある牛の肉の調査結果(関係省庁の報道発表資料)等について」)

なお、国の定める暫定規制値は、食品の全体からセシウムの被ばくが年間5ミリシーベルトを超えないようにする考え方です。

個体識別番号とは

商品ラベルには、牛の出生年月日、性別、種別、飼養施設の所在地等がわかる10桁の「個体識別番号」が記載されています。

商品ラベルへの表示

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 食品安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3425

ファックス:048-830-4807

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?