Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > > 食の安全 > GLP 食品検査の信頼性を確保するための取組み

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月30日

GLP 食品検査の信頼性を確保するための取組み

GLPの概要

県内で生産・製造・加工又は販売される食品等の安全を確保するため、「埼玉県食品衛生監視指導計画」に基づいて監視指導及び食品の収去や検査を行っています。

「検査施設ごとに収去や検査の作業手順や記録方法などについて具体的な管理基準を定め、それに基づき作業が適正に行われているかどうかを、収去や検査の業務に関わらない第三者が確認し、検査結果の信頼性を確保する」システムがGLP(ジーエルピー:Good Laboratory Practice(試験検査の業務管理))であり、埼玉県では平成9年4月1日から食品の検査に導入されています。

収去と検査

収去とは、食品衛生法に基づき、保健所等の食品衛生監視員が、製造所や販売店等から、無償で検査のために必要な量の食品を提供してもらうことをいいます。

検査とは、県衛生研究所等において、食品添加物や残留有害物質(農薬など)がどれくらい含まれているか調べることをいいます。

この検査の結果、食品衛生法で定められている基準(「成分規格」、「添加物の使用基準」等)に違反する食品が発見された場合、保健所ではその製造所や販売店等に対し、原因究明や廃棄・回収等の必要な措置をとります。

GLPに必要なもの

収去部門、検査部門において、適正な業務を行うため、作業手順や記録方法について管理基準を定めることが必要です。

具体的に基準を定める内容は次のとおりです。

収去部門 試験品を採取するところ

  • (1)組織の管理
  • (2)機械器具の管理
  • (3)試験品の採取、搬送時の管理
  • (4)検査等の結果の処理

検査部門 検査を行うところ

  • (1)組織の管理
  • (2)検査室等の管理
  • (3)機械器具の管理
  • (4)試薬等の管理
  • (5)動物の管理
  • (6)有毒な又は有害な物質及び危険物の管理
  • (7)試験品の管理
  • (8)検査の操作等の管理
  • (9)精度管理の実施方法

埼玉県におけるGLP

埼玉県のGLP体制

埼玉県では、検査部門(3施設6担当)、収去部門(16施設23担当)に加え、食品安全課に信頼性確保部門を設置して内部点検等により、検査の正確さや検査結果の妥当性を確認することにより、検査結果の信頼性を確保しています。

埼玉県のGLP体制を表す画像

信頼性確保部門の役割

信頼性確保部門の責任者は、検査部門、収去部門の各担当に対し、内部点検や精度管理を定期的に実施しています。

お問い合わせ

保健医療部 食品安全課 特別監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-3618

ファックス:048-830-4807

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?