Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 薬事 > 薬事衛生大会 > 第44回埼玉県薬事衛生大会を開催しました

ここから本文です。

 

掲載日:2015年11月2日

第44回埼玉県薬事衛生大会を開催しました

 薬に関する正しい知識の普及を図るため、毎年10月に実施する「薬と健康の週間」の啓発活動の一環として、第44回埼玉県薬事衛生大会を開催しました。
 今年は、薬事功労者等の表彰のほか、「2025年問題を見すえた地域医療における薬局・薬剤師の役割について」講演を行いただきました。

第44回埼玉県薬事衛生大会

ポスター

 10月17日~23日は「薬と健康の週間」です。

 医薬品は決められた用法や用量を守らないと、効果が得られないばかりか、副作用が出ることがあります。

 県では、薬に関する正しい知識の普及を図るため、埼玉県薬事衛生大会を開催し、薬事功労者の表彰や啓発のための講演を行っています。

 今年度は「2025年を見すえた地域医療における薬局・薬剤師の役割について」をテーマに講演を行います。

パンフレット

パンフレット(PDF:2,543KB)

1 開催日時

 平成27年10月27日(火曜日)
 午後1時30分から3時30分

2 開催場所

 さいたま市民会館うらわホール
 さいたま市浦和区仲町二丁目10-22

3 主催

 埼玉県、埼玉県薬事団体連合会

4 内容

(1)第1部 表彰式典(13時30分~14時15分)

  • 厚生労働大臣表彰(薬事功労)受賞者の紹介(2名)
  • 厚生労働大臣・同省医薬・生活衛生局長感謝状の伝達(2団体・1名) 
  • 埼玉県知事表彰状(薬事功労)の授与(31名)
  • 埼玉県薬事団体連合会会長表彰状(薬事功労)の授与(67名)
  • 埼玉県薬事団体連合会会長表彰状(薬事善行)の授与(83名)

(2)第2部 特別講演(14時30分~15時30分)

  • テーマ:2025年問題を見すえた地域医療における薬局・薬剤師の役割について
  • 講師:日本大学薬学部教授 亀井美和子 氏
  • 講師プロフィール
    「薬物療法や健康生活を効果的に支援する方法」、「地域連携で治療を効果的に支援する方法」などを研究のテーマとして活躍中
    薬の飲み残し問題等に関するコメンテーターとしてNHK「クローズアップ現代」や「あさいち」、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」など各種マスメディアに出演多数
    専門分野/
     社会薬学
    略歴/
     1987年 日本大学理工学部薬学科卒業
     1993年 筑波大学大学院経営政策科学研究科修了
     2006年 昭和大学薬学部教授
     2010年 日本大学薬学部教授
    学位/
     博士(薬学)、修士(経営学)  

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 薬務課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3625

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?